'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人が共同ブログを始めたようです

後手番角頭歩・乱戦の一変化(Ray)

以前、うっかり三間に関する研究記事を投稿したことがありました。

その際、この戦法のメリットとして、△5四歩を突くことで左銀を中央に活用しやすい、▲6五角問題が無い…などの主張を述べました。

 

ところがつい先日、ある棋譜を並べていて思ったことがありました。

 

(初手からの指し手)

▲2六歩△3四歩▲7六歩△2四歩(図1)▲4八銀△5四歩▲6八玉△8八角成▲同銀△2二飛(図2)

 

(図1は4手目△2四歩まで)

 f:id:shogi98:20171015182253j:image

(図2は10手目△2二飛まで)

 f:id:shogi98:20171015182300j:image

この局面の後手が主張するならば、

1.左銀が中央に活用しやすい

2.▲6五角問題が無い

3.ついでに▲5三角問題も無い

4.▲2六歩△2四歩型の角交換振り飛車に誘導出来る

5.一手で2二に飛車を回っているため手損が少ない

 

…なんだか、どうせ向かい飛車に振りなおすなら、うっかり三間より後手角頭歩の方が優秀なのでは?と思えて来たんですよね…

 

もちろん、単なる上位互換なはずはありません。角頭歩は角頭歩なりに序盤のハードルを抱えているため、実戦登用する前に…と思い研究していたところ、少し面白い変化があったので今回はそれを書こうと思います。

誘導率はかなり低い(というより、ほぼ現れないでしょう)し、この記事を見たからといって他のハードルが越えられるものでもありませんが、お付き合いください。

 

(図1以下の指し手)▲2五歩△同歩▲同飛△8八角成▲同銀△3三桂▲2三飛成△2二飛▲2四歩△3二金▲2二竜△同銀▲2三角(図3)

 f:id:shogi98:20171015182330j:image

(図3は17手目▲2三角まで)

▲2五歩と激しく行く変化を掘り下げようと思います。途中▲2四歩に△2三飛▲同歩成△4五桂などの変化も有名ですが、今回は割愛させていただきます。

最終手▲2三角を取る手には、清算して▲2一飛で先手勝勢。後手は丁寧な対応が求められることが多く、そういった意味で研究無しにこの戦法を指すのは怖い変化が多いかな、と思わされることがしばしばあります。

 

(図3以下の指し手)

△3一金▲3四角成△4五角▲4三馬△5二金▲6五馬△6七角成(図4)

 f:id:shogi98:20171015182342j:image

(図4は24手目△6七角成まで)

▲2三角は取れないので△3一金と引きます。▲2三歩成を許してはならないため、▲3四角成に△4五馬はこの一手。

対して▲同馬と取る変化は、以下△同桂▲2三歩成△同銀▲3五飛△2一飛(図5)▲4五飛△3四銀▲2二歩…と難解な手順が続きますが、微差で後手が指しやすい展開になると考えています。

f:id:shogi98:20171015182357j:image

(図5は26手目△2一飛まで)

本譜では△4五角は取らず▲4三馬と飛び込んだ変化を見ていきます。△6七角成で8九の桂取りが受けにくいようですが…

 

(図4以下の指し手)

▲8三馬△6二金▲6四歩△6六飛▲6八飛(図6)

 f:id:shogi98:20171015182411j:image

(図6は29手目▲6八飛まで)

▲8三馬が次に▲6一飛を狙って厳しい。受けられる手も限られており、仕方ない△6二金には▲6四歩が継続の一手。

後手困ったようですが、△6六飛が攻防の一着。放っておけば△4九馬▲同玉△6九飛成で後手勝ち。よって先手も▲6八飛と最強の受けを見せますが…

 

(図6以下の指し手)

△6四飛▲6七飛△同飛成▲7八角(図7)△同竜▲同金△1二角(図8)

 f:id:shogi98:20171015182424j:image

(図7は33手目▲7八角まで)

 f:id:shogi98:20171015182442j:image

(図8は36手目△1二角まで)

後手は邪魔な歩を払い、先手は嫌味な後手の大駒を盤上から消去。最終手△1二角はぱっと見たところ狙いが分かりにくいですが、次に先手から▲5六馬と引かれる手を防いだ意味合いがあります。

 

(図9以下の指し手)

▲6七歩△8二歩▲8四馬△2六歩(図10)

 f:id:shogi98:20171015182454j:image

(図10は40手目△2六歩まで)

最終手△2六歩が後手待望の反撃で、▲3八銀といったような受けでは△2七歩成~△2八歩(2八飛)などで簡単に後手が良くなります。

受けるなら▲2三歩成△同角▲2八歩くらいですが、この局面をどう見るか。

一目、先手には馬ができており後手は生角(しかも筋違い)なので先手を持ちたくなりますが、後手からは△1四歩~△1五歩~と伸ばして△1六歩▲同歩△1八歩▲同香△1九飛と明快な狙いが残されており、実は先手も結構忙しい。

個人的には、やはり形の綺麗な先手を持ちたいですが、実戦で持つと結構嫌かもしれない、といった印象です。

 

この局面まで進むことはほぼないと言っても過言ではありませんが、この他にも後手角頭歩には調べてみると面白い変化がかなり多く存在します。

それらのハードルを乗り越えて、普通の角交換振り飛車を目指してこの戦法が指せるようになれば、それは大きなアドバンテージに繋がるのではないかと考えます。以上急ぎ足でしたが今回の記事はこれで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

 

 

 

 

秋、開幕。(Ray)

投稿間隔が空いてしまい申し訳ありません。

 

昨日、JT杯(こども将棋大会)東海大会の審判をして、感じたことを少し書きたいと思い腰を上げました。秋は大事な大会が続くので、研究記事はしばらく載せられそうにありませんが、ご了承ください。

 

話を戻します。

小学生を対象としたJT杯は、ルールの知識が浅い子の参加が多く、全体の参加者も多い(今回大会では2000人を上回ったそうな)ため、反則やトラブルが頻発するので審判が多く配置されます。私もそのうちの一人でした。

東山線名古屋駅を経由し、あおなみ線金城埠頭へ(交通費は出なかった…)。会場となるポートメッセなごやは、今年オープンしたレゴランドのすぐ傍でした。

会場に入って、まず椅子の多さに驚きました。これほど多くの子供が将棋を指すのか、と。

よく言われていることではありますが、最近の藤井四段の活躍や加藤九段の影響もあって将棋人口が増えている、といった話を肌で感じた瞬間でした。

 

大会が始まると、それはもうあちらこちらで二歩や王手放置が頻発。

「王手って言わなかったから反則だよ!」と揉めている現場なんかは、まあ微笑ましかったです。

負けて泣く子もいれば、親に「勝ったよ!」と嬉しそうに報告する子。様々な感情、場面をひとつの会場で間近で見ることが出来て、私も少し初心を思い出せたような。

 

私自身は、将棋のルールこそ小学生の頃から知っていたものの、本格的に指し始めたのは中学に入学してからなので、早い時期から将棋に触れられている彼らを少し羨ましくも感じたりしました。

しかし、ひとつ。対局の合間の時間に話しかけて来た子に「将棋楽しい?」と訊くと、首を傾げられてしまう場面がありました。

また、泣く子をなだめすかす親と子の問答を聞いていて、

「楽しくないしもう帰る」

「予選まだ残ってるじゃない。藤井くんみたいになりたいでしょう?」

「別になりたくなんかない。帰ってゲームする」

…といった会話を聞いてうーん…と思ったりしました。

どうやら、自ら望んでこの大会に参加した子(が多いと願いたい)もいれば、そうでない子も少なからず居たようです。

強制かそうでないかはともかく、親が子に将棋を教えることは良いことだと思います。しかし、子供がそれを「楽しい!」と感じられなければ、後には何も残らないでしょう。世の中には楽しいことが溢れています。ゲームやスポーツ、読書、音楽。

何も辛い思いばかりするなら、将棋に執着する必要などはなく、むしろ小学生の頃なら色んな世界に触れた方が良いに決まってる。

昨日の大会に参加してくれた彼らが、将棋を楽しんでくれること、また将棋が楽しめなくても、自分が「面白い!」と思える世界を見つけていってくれると良いなあ…と思った一日でした。

 

…少し自分の話に戻してしまうのですが、つい最近、将棋部の仲間に対し「将棋全然楽しくねぇ!」とヤケ気味に吐露してしまい、少し反省することがありました。

一緒に戦う仲間に対してそんなことを言ってしまったことだけでも、チームにとってなんらプラスになるわけもないのでもう少し考えて発言するべきだったな、と思っていますが、事実最近将棋を楽しいと感じることが全く無くなってしまいました。

 

負ければ胃が千切れそうなほど悔しいと感じるし、勝っても反省点ばかりが目に映って素直に喜べない。負の感情とばかり向き合ううちに嫌気が差し、取り敢えずは盤と駒の前に座ってぼーっとしていたら、気が付けば夏休みが終わってました(笑)

 

しかし、丁度昨日実家のアルバムから写真が送られてきて少し思うことがありました。

 

 

 

 f:id:shogi98:20171002233557j:image

何歳ぐらいだろう?どうやら銀がスライドした最強囲い()を見る限り、まだ駒の動きすら7割ほども理解できてなさそう。

しかし、楽しそう。この頃将棋に触れることはほとんどなかったように思いますが、年に一度か二度会える祖父との数少ないコミュニケーションだった将棋を、この頃は「楽しい!」って言ってたんでしょうね。それで父もこんな手作りの大きな盤駒を作ってくれたのでしょう

 

この頃の自分が、もし「将棋楽しくねぇ!」なんて言ってる未来の自分を目にしたらどう思っただろうか。そう思って、この写真を見て少し胸が痛みました。

 

楽しかろうが楽しくなかろうが、私(達)はこれからも将棋を指し続けることと思います。しかし、今まで自分が楽しいと思っていたこと、少なからず喜びをもらったこと、色んな人と出会えたことを思うと、やはり将棋には感謝しなければならないなあ、と思いました。

 

秋には新人戦、秋季個人戦、秋季団体戦と大切な大会が続きます。

一局一局を大切に指すことが出来たら、結果はともかく、後悔の無い秋を送れるような気がします。また1から頑張っていきましょう

秋季個人戦自戦記(あるす)

 夏も終わりますね。

何でもできると希望を持って臨んだ夏休みですが、気づけば将棋ばかりやっていた気がします。

だらけているだけの日も多くあったのでそういう時間をもっと有効利用できればいいのですが....。

 

今回は9月17日(日)に行われた関東秋季個人戦1回戦について自戦記を書いていきたいと思います。

 一局を通して見たい方はこちらからどうぞ。

 

続きを読む

夏休みを振り返ってみたり(Ray)

振り返るって言ったって、まだ10日ほど残ってるんですけどね。一通りイベントは終わったことだし、備忘録でも残そうかと。

 

この夏は色んな所へ足を運びました。

宮城、岩手、長野、岐阜、東京(埼玉、神奈川)、京都×2、大阪、広島×2…といった感じです。

青春18きっぷが存在して良かった。ありがとうJR…

とはいえ、ほとんどは将棋の大会などであまり観光は出来なかったので、これらの地域にも、もう1回は足を運んでみたいですねー

大学生の夏休みと言えば、海に行ったり夏祭りに行ったり…みたいなのを想像してた時期もありましたが、そんなものは無かった。

ひたすら部室に閉じこもって棋譜を並べ、思い出したようにどこか遠い所へ行ってはボロボロになって名古屋に戻り、再び部室に引きこもる…のサイクルを繰り返しておりました(白目)

 

しかし、色んな所へ行ったおかげで非常に多くの方々とお会いできました。名古屋に来てくださる方も多かったし…皆さん本当にありがとうございました

 

後期が始まってしまえば、そう簡単には遠くへ足を伸ばすことは出来なくなってしまうと思います。しかし、また休みが来れば私はどこへでも飛んでいきます(鈍行で…)

 

私が広島を出て名古屋を目指した理由もそうですが、将棋を通じて生まれた素敵な出会いのひとつひとつを、これからも大切にして行きたいなぁ、…と思えた有意義な夏休みでした。

対四間飛車ミレニアム:第1章〜▲6七金型編〜(Ray)

ミレニアムの生まれた経緯について、第0章の記事で軽く紹介させていただきました。今回からは詳しい変化を調べて行こうと思います。

しかし、予め断っておきたいことが2点、

1.居飛車が先手の場合を想定

2.振り飛車藤井システムの駒組について、先に△7四歩と突く形を想定

 

…1については、元々ミレニアムが後手番で千日手を狙う戦法であることが理由です(図1)

f:id:shogi98:20170905160752j:image

図1から△8四飛と浮いて次の△7五歩を狙うと、先手は▲6六角と上がって受けることになります。しかしそこで△8一飛と引くと今度は△8六歩以下の仕掛けが生じるため、▲7七角と受け…以下△8四飛▲6六角△8一飛▲7七角…といった順です。

これで先手番を掴んで不満なし…といった内容でも構わないですが、記事にするには物足りないと感じました(笑)なので、先手番でミレニアム側が積極的に仕掛けを狙うような変化について調べたいと思った次第です。

2について、藤井システムでは△7四歩を先に突くか△6四歩を先に突くか、という分岐がありますが、△6四歩と突く形に対しては▲5五角と飛び出る手(図2)が有力であり、これは後にミレニアムに組むにせよ、少し異なる分類となるため今回は割愛させていただきます。

(図2)

 f:id:shogi98:20170905160812j:image

(初手からの指し手)

▲2六歩△3四歩▲7六歩△4四歩▲4八銀△4二飛▲6八玉△3二銀▲5六歩△7二銀▲7八玉△7四歩▲2五歩△3三角▲5八金右△9四歩▲7七角△4三銀▲6八角(図3)

f:id:shogi98:20170906191125p:image

(図3は▲6八角まで)

最序盤は一般的な持久戦の駒組と変わらないと思います。

工夫と言えるかどうかは分かりませんが、△9四歩に対してすぐには端歩を突き返さない方が良いかと考えています。

当然ミレニアムに組みあがった局面を想定すると▲9六歩の一手は入っていた方が得が大きいです。しかし

1.駒組を一手早めたい(他に手を掛けたい)

2.居飛車穴熊のフリをすることで後手玉を居玉に留めさせたい

…という点から、端歩を省いた局面を想定します。

2の主張は図1の▲6八角で効果が表れます。ここで△4五歩は▲2四歩△同歩▲同角に△2二飛と回れない(▲3三角成が王手)ため、後手の応手を△2二飛に限定している意味があります。

 

(図3以下の指し手)

△2二飛▲6六歩△4五歩▲6七金△6四歩▲7七桂△5四銀▲5七角△7三桂▲8八銀△6二玉▲8九玉△7一玉▲7八金(図4)

f:id:shogi98:20170906191232p:image

(図4は▲7八金まで)

▲6六歩と早めに突くのは争点を作って怖いようですが、▲6七金~▲7七桂~▲5七角の形を作ればすぐ潰されることはありません。後に△6二飛と戦力を足されるのが怖いようですが、後手は居玉のままでは飛車を動かせないため△6二玉~△7一玉の2手が必要となり、先手の駒組が間に合うという計算です。

図4以下は恐ろしく変化が煩雑になります。列挙すると、

○先手

・左右の端歩をいつ突くのか

・▲8六歩をどのタイミングで突くのか

・右銀を攻めに使うのか、それとも7九まで運ぶのか

○後手

・1筋の歩を突き越すのか

・囲いは高美濃、ダイヤモンド美濃、銀冠のいずれを選択するのか

・△6二飛と回って6筋を争点にするのか

 

…などなど。ひとつひとつを虱潰しに調べても記事には書ききれないので、今回は最も出現率の高い後手銀冠の形を書いていきます。

 

(図4以下の指し手)

△5二金左▲9六歩△8四歩▲5九銀△8三銀▲6八銀△7二金▲7九銀右△8二玉▲3六歩△6三銀(図5)

f:id:shogi98:20170906191251p:image

(図5は△6三銀まで)

△5二金左と上がると、△6二飛から後手が強襲を狙う変化は無くなります。それを見て先手は右銀を3七から繰り出して積極的に仕掛ける順もありますが、本譜では金銀4枚で囲い合う持久戦を見ていきます。

▲9六歩は持久戦になると見れば一刻も早く突きたかった歩。後手の方が手詰まりになりやすいので、△9五歩を消し▲8六歩を作るという意味で見た目以上に価値の大きい一手なのです。

そして、図5の△6三銀が今回の研究で示したかった一手です。6五の地点を争点に残すより、玉を固めて△5四歩~△5五歩の開戦を狙おうといった手です。しかし、先手からの▲3七桂が見えていますが…

 

(図5以下の指し手)

▲3七桂△5四歩▲1六歩△4二飛(図6)

f:id:shogi98:20170906191318p:image

(図6は△4二飛まで)

▲1六歩のところで▲4五桂と跳ねるのは△1五角▲4六角△4二飛▲2四歩△4五飛▲2三歩成△9五歩▲同歩△同香▲9六歩△同香▲同香△9五歩▲3二と△9六歩▲2一飛成△9一香▲9八歩△4八角成(図7)と進み、互角ながら双方手の作り方が難しい将棋となります。

f:id:shogi98:20170906191338p:image

(図7は△4八角成まで)

一旦△1五角を消して▲1六歩と突き、▲4五桂を受けて△4二飛と回った図6も大きな分岐。

▲2四歩と開戦出来るなら、先手は打開したい所。先に後手から△5五歩が回って来ると、捌き合いが一手間に合わない展開となります。

(図6以下の指し手)

▲2四歩△同歩▲同角△2二飛▲2五歩△5五歩(図8)

f:id:shogi98:20170906191358p:image

(図8は△5五歩まで)

△5五歩と突っかけた局面で、先手には

1.▲5五同歩△同角▲1五角

2.▲3三角成△同桂▲2四歩

3.▲3五歩

4.▲6八角

…の4通りの選択肢があります。今回はそれらひとつひとつの展開を見て終わりにしたいと思います。

 

1.▲5五同歩△同角▲1五角△3三桂▲2四歩△2六歩▲同角△2五桂▲2三歩成△2一飛▲3二と△3七桂成▲2九飛△2八成桂▲2一と△2九成桂▲5四歩(図9)

f:id:shogi98:20170906191432p:image

(図9は▲5四歩まで)

飛車を逃げるタイミングなど細かな変化は存在しますが、△5五歩を同歩と取ると、ほぼ一本道でこの局面に進むと思います。

後手だけ一方的に桂馬が捌けているようですが、手にした時の小駒の価値が先手の方が高いこと、攻めの手番を先に握っていることから図9の局面は互角と言えると考えています。以下△5四同銀▲5三歩△6二金▲1一と、と進むと▲5一飛以下狙いが明快な先手の方が実戦的に指しやすいかもしれません。

 

2.▲3三角成△同桂▲2四歩△2七歩▲同飛△3八角▲2八飛△4七角成▲2三歩成△3七馬▲2四飛△4六馬▲2七飛△3六馬▲2九飛△4七馬…以下千日手(図10)

f:id:shogi98:20170906191510p:image

(図10は△2七馬まで)

…角交換すると、△2七歩~△3八角の順で後手は飛車を2筋から追う順で千日手の権利を得ることが出来ます。飛車を取り合う変化は馬の存在が大きく後手良しとなります。先手からするといずれの変化も面白くなく、2の変化は飛び込みにくいのではないかと考えます。

 

3.▲3五歩△4四角▲4五桂△2三歩▲1五角△1四歩▲2六角△5六歩▲3四歩△4二飛▲4六歩△2六角▲同飛△4四飛▲3三歩成△同桂▲同桂成△3七角▲4五歩△同飛▲5六飛△5五歩▲3六飛△1九角成(図11)

f:id:shogi98:20170906191529p:image

(図11は△1九角成まで)

先手は桂を捌きますが、後手も先手の飛車に当てて手番を握りながら大駒の捌きを狙います。図11で先手の指し手は▲3四飛ぐらいでしょうが、成桂が邪魔な感覚が否めず、形勢はともかく先手を持ちたい人は少ないのではないでしょうか。

 

4.▲6八角△4四角▲2四歩△2六歩▲4六歩△5六歩▲同金△4六歩▲同角△7五歩(図12)

f:id:shogi98:20170906191605p:image

(図12は△7五歩まで)

△5六歩が回ると▲同金と取るよりなく、その瞬間に後手から△7五歩の桂頭攻めが発生します。受けるには▲6七金と上がるしかありませんが、金2枚が玉から離れる展開は先手相当勝ちにくいと思われます。

 

…以上の変化より、図8の局面から▲2四歩と突く変化は万全な対応を施して互角の捌き合い、といった印象を受けます。

後手も一歩間違えば簡単に突破されてしまう形ではありますが、△5四歩~△5五歩を狙う△6三銀は工夫として成立しているのではないか、と考えます。

 

長々と書き連ねましたが、今回は以上で締め括りたいと思います。

 

なお、お詫びですが、次回は▲6六角型ミレニアム(トーチカ)について研究したいと考えていたのですが、どうにも居飛車が良くならない。ツブレだとしてその変化を書いても良いのですが、この手順は実戦で私が登用したいと思うだけに、記事にすることは控えさせていただきます。申し訳ありません。

次に研究する戦型についてはまだ考え中です。次回もよろしくお願い致します

横歩取り拒否ひねり飛車対策(あるす)

すっかり更新せずにいてごめんなさい。

あるすです。

前回の記事で次の記事は高校選手権とか言っといて結局サボってしまいました。

高校選手権についてはれいくんが書いてくれたのでそちらをご覧になってください。↓

shogi98.hatenablog.com

 

 

さて、やきとりRayの2人がメジャーな戦型の研究を披露してくれているところですが、私はニッチな分野について知るのが好きなので横歩取り拒否▲2六飛からのひねり飛車について考えていきます。

 

 

初手から
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩
▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲2六飛 (第1図)

f:id:shogi98:20170902003451p:plain

横歩取りを目指していた後手としては気に食わない手ですよね。

この手を積極的に咎めにいくなら△1四歩として△3三桂~△2五歩を狙いにする指し方もあります。

本記事では△2三歩~△8二飛とする穏やかな指し方を見ていきます。

 

第1図から

△2三歩 ▲9六歩 △9四歩
▲7七桂 △8二飛 ▲7五歩(第2図)

 

f:id:shogi98:20170902004331p:plain

 

▲2六飛とする先手はひねり飛車を狙ってくることが多いですが、第2図で教科書になかったような手があります。

 

第2図から

△8七歩 ▲9七角 △4四角
▲7六飛 △4二玉 (第3図)

 

f:id:shogi98:20170902005338p:plain

△8七歩と角頭を叩いてから、飛車を追いつつ5三の地点を補強し、さらに△3三玉~△2二玉のルートを開ける一石三鳥の△4四角から△4二玉と玉を囲いにいきます。

一見8七の歩が取られてしまいそうですが・・・

 

第3図から

▲8五歩 △9三桂 (成功図)

f:id:shogi98:20170902013859p:plain

▲8六飛を狙う▲8五歩には△9三桂が成立します。

成功図以下▲8六飛には構わず△8五桂と取り、▲同飛は△7七角成~△8五飛があるため▲8五同桂と取りますが、△9九角成(下図)とした局面は△9八馬や△7七香が残り、角の働きの差で後手良しとなります。

f:id:shogi98:20170902014426p:plain

成功図の△9三桂には▲8四歩△同飛▲8六歩と辛抱するのが最善ですが、歩損の心配がなくなった後手は左穴熊のような駒組を目指して自然に駒を活用すれば、先手は中央が薄く金銀が分裂しやすいため、後手の陣形勝ちが見込めます。下図は一例です。

成功図から

▲8四歩 △同 飛
▲8六歩 △3三玉 ▲8七金 △2二玉 ▲3八銀 △6二銀
▲1六歩 △5一金 ▲1五歩 △5四歩 ▲8八角 △5五歩
▲4八玉 △4二金 ▲8五歩 △5四飛

f:id:shogi98:20170902014900p:plain

 

 

この△8七歩~△9三桂の手順は、将棋ウォーズの2016Ponaの棋譜を見ている時に発見しました。

参考棋譜①

参考棋譜①は▲8六飛に△8五桂がきれいに決まっています。

参考棋譜②

参考棋譜②は▲4八玉と上がった状態でも△9三桂~△8五桂を仕掛けました。この仕掛けは無理筋で、終盤はずっと先手が良かったですが最終盤で2016Ponaがまくった一局でした。もしかしたらこの形に誘導すればハメられるかもしれませんね。

 

 

△9三桂を紹介したいがためだけにこの記事を書きましたが、第3図は後手良いのかというとそうではありません。

ひとめやってみたくなる第3図からの▲8五歩が疑問手で、本手は8七の歩を取る狙いであれば①▲8六歩か、または8筋に触れず居玉を避ける②▲4八玉ということになります。

 

①▲8六歩には△9五歩と突き、▲8七金△9六歩▲8八角に△8四歩(第4図)と謝っておきます。

f:id:shogi98:20170902022800p:plain

以下一例を挙げると、

第4図から

▲3八銀 △3三玉 ▲4八玉 △1四歩
▲1六歩 △2二玉 ▲3六歩 △7二銀 ▲9六香 △同 香
▲同 金 △4二銀 ▲9七金 △8三銀 ▲8七金 △9二飛
▲9六歩 △7二飛 (下図)

f:id:shogi98:20170902022959p:plain

先手はどうしても金が離れ、また手が遅れ気味になるため、実戦的に後手が勝ちやすい将棋になると思います。

後手は▲4六香などで角をどかされてからの▲6五桂を食らわないように注意が必要です。どこかで△3一玉としておくのも手です。

 

②▲4八玉には△3三玉と駒組みを進めます。そこで▲8五歩にも△9三桂(第5図)が成立します。

f:id:shogi98:20170902025759p:plain

▲8六飛には△8五桂▲同飛△同飛▲同桂△9九角成(第6図)

f:id:shogi98:20170902031255p:plain

 

以下は一例です。

▲4一飛 △5一飛 ▲同飛成 △同 金 ▲8一飛 △7六香

f:id:shogi98:20170902030448p:plain


▲7一飛成 △4二金 ▲9一龍 △7八香成 ▲同 銀 △6八飛
▲5八桂 △7八飛成

f:id:shogi98:20170902030511p:plain

途中銀をポロっと取らせましたが、攻め合って角の働きと玉の安全度の違いが明確になりました。

 

また第5図の△9三桂に▲7四歩もありますが、△同歩▲同飛に△6二銀(第7図)

f:id:shogi98:20170902031423p:plain

▲8四歩 △2二玉
▲3八銀 △3三桂 ▲8六角 △7六歩 ▲同 飛 △8四飛
▲3九玉 △6四歩 ▲8七金 △8五桂(下図)

f:id:shogi98:20170902031520p:plain

一例としてこのような展開になります。後手は一歩損しますが、深く囲って軽く戦うことができます。

 

 

~~まとめ~~

 

第2図から△8七歩~△4四角~△4二玉とする。

f:id:shogi98:20170902005338p:plain

一目の▲8五歩には△9三桂で後手が良くなる。

▲8六歩には△9五歩▲8七金△9六歩▲8八角に△8四歩として金が離れている先手がまとめづらい。

▲4八玉には△3三玉~△2二玉と囲う。2016Ponaの参考棋譜②では▲8五歩に△9三桂は無理気味だったが、この囲い方ならだいたいの場面で成立する。

 

かなりマイナーな戦型の研究記事になりましたが、参考になれば幸いです。

西日本大会団体戦第五局自戦記(Ray)

今回は、8月21~22日に龍谷大学で行われた西日本大会団体戦の第五局について振り返りたいと思います。

 

正直、内容も姿勢も記事にするのが躊躇われたほど恥ずかしいものです。誰にも見せたくないと思ったし、この大会の後は自己嫌悪に陥って身近な人達でさえ遠ざけたいと思いました。

しかし、人間都合の悪いことは忘れようとするもので。形に残さなければ今回のことも忘れてしまい、また同じ轍を踏む気がしたので記事に残そうと思った次第です。

かなり感傷的な内容になると思うので、苦手な方は回れ右願います。

 

1.対局前

この将棋は二日目の第一局でした。

一日目、私は大きなやらかしを繰り返していました。指し手が早すぎて棋譜取りに迷惑をかけたり、持ち時間を相手に使い切らせることも出来ぬまま圧敗して、まだ対局中のチームメイトに悪影響を与えてしまったり。挙句四局目では苦しい将棋を粘って相入玉に持ち込み点数で勝っていたにも関わらず、条件を満たさない状態で宣言法に踏み切ってしまい、反則負けとなる始末。1勝3敗という惨憺たる結果で一日目を終えました。

合わせる顔がなく、夕食や控室でもチームメイトとは行動を別にしていました。今考えると、本当にとんでもねー奴です。チームにいらない。

ホテルでは、先輩方や同級生と共に話したり遊んだりして、二日目に向けて気持ちを切り替えることが出来ました。本当に最高の仲間に恵まれていると思い、感謝しかありません。そして、二日間迷惑かけてばかりで本当にすいませんでした。

 

迎えた二日目、第五局の相手は優勝候補筆頭の中部中四選抜チームでした。

私は広島(中四)から名古屋(中部)に出てきた身なので知り合いも多く、知り合いと当たるのではないか…と思っていました。

案の定(?)私の相手はTwitterなどで昔からお世話になっていたYさんでした。学生名人戦3位や南海王将連覇などの実績を持つ強豪です。

相手が格上であることははっきりと分かっていましたが、団体戦では勝つことが求められます。負けても許されるなどとは毛頭考えずに対局に臨みました。

 

2.初登用の策

 f:id:shogi98:20170824125735p:image

(図1は14手目▲6八玉まで)

対局は私の後手でしたが、便宜上先後を入れ替えて表記します。

図1の▲6八玉が指してみたかった手。飛車先を受けずに一手省くことで、攻撃態勢を先手より先に整えようという目論見です。

他にも狙いは色々ありましたが、研究分野なのでそこは内緒。

(図1以下の指し手)

△3二金▲3八銀△9四歩▲9六歩△1四歩▲1六歩△7四歩▲3六歩△7三銀▲3七桂△6四銀▲4六歩△4二玉▲4七銀△7三桂▲4八金△8六歩▲同歩△同飛▲2九飛△6二金▲8七歩△8一飛▲5六銀△5四歩▲6六歩△4四銀(図2)

 

3.作戦負け

 f:id:shogi98:20170824125757p:image

(図2は41手目△4四銀まで)

一手省いたとはいえ、元の手番や早繰り銀の速度もあり、先攻を決めることは難しいと考え本譜は陣形整備に手をかけました。

しかし、こうなると持たれた一歩がモノを言ってきて、桂頭のケアや壁銀の解消、△8五桂の筋などへの対応に追われることとなりました。

図2の△4四銀は「やってくるだろうな」と思いながらも、次の▲5五銀右への対処が分からず、▲6六歩と突いた手を後悔していました。

(図2以下の指し手)

▲6七金△5五銀右▲4七銀△9三角(図3)

 

4.対応を誤る

 f:id:shogi98:20170824125853p:image

(図3は45手目△9三角まで)

4六、6六いずれの歩を取られても勝ちの無い将棋になってしまいます。こんな手を指すようでは…と思いながら▲6七金と上がり、銀ぶつけにも▲4七銀と引いて自重しましたが、この手順が最悪。

図3の△9三角を見落としていました。▲7七銀には△8五桂。

全てが裏目に出る展開となり、既に半ば負けを悟っていました。

しかし、昨日の自分の失態や、これが団体戦であることを思い出し、簡単には倒れまいと腹を括って次の一手を指しました。

(図3以下の指し手)

▲7七角△8五桂▲7八玉△7七桂成▲同銀(図4)

 

5.駒損の受け

 f:id:shogi98:20170824125920j:image

(図4は50手目▲7七同銀まで)

とにかく△6六銀を許してはならないと考えました。どう指しても悪いけれど、一番長い戦いにしてやろうと思い▲7七角と打ちました。

△8五桂に角が逃げているようでは意味が分からないので▲7八玉と寄り、角取りを銀で取れるようにしました。今考えれば、これらの順は全て飛車先交換を許したことで生じたものです(8七に飛車の利きが直通している、8五に桂馬が跳ねられる)。序盤の構想ミスを完璧に咎められ、力の差を感じました。

図4は角桂交換の駒損。陣形もいびつで勝てる未来は見えませんでしたが、すぐに負けることのない形にはなったと踏んでいました。

(図4以下の指し手)

△8二角▲4五歩△3三銀▲7五歩△6四銀▲7四歩△7一飛▲2四歩△同銀▲5六銀△3一玉▲4六桂△5三銀▲3四桂△3三歩▲2二歩△3四歩▲2一歩成△同玉▲6五桂△4二銀▲7三歩成△同金▲同桂成△同飛▲8四金△7一飛▲7三歩(図5)

 

6.抑え込みを狙う

 f:id:shogi98:20170824125942p:image

(図5は78手目▲7三歩まで)

一気に攻め切る順を見送ったのか、相手の方針はここで体力勝ちに切り替わったようです。5五まで出た銀が流れるように玉側に吸い寄せられていきましたが、相手の攻め駒が薄くなったと見て抑え込みに方針を固めました。金桂交換を果たし、▲7三歩と打った図5。角金交換を果たせば駒損が解消できると考えましたが、相手の持ち駒は増える一方でこちらは何も手を作れない。まだまだ苦しいと考えていました。

(図5以下の指し手)

△5五歩▲6五銀△8一歩▲7四銀△5一飛▲7二歩成△9三角▲同金△同香▲6二と△5四飛▲6三銀不成△8四飛▲7五角△8三飛▲7四銀成(図6)

 

7.好転

 f:id:shogi98:20170824130002p:image

(図6は94手目▲7四銀成まで)

相手の手に乗って抑え駒を増員し、なんとか抑え込みの形を作ることに成功しました。

飛車を取れば、寄せを見せつつタテに自陣へ利かせて飛車を打ち込み、負けない形を作ることができます。流石に良くなったか、と思ったのですが既に双方30秒将棋。ここから誤りに誤り泥沼化、飛車取りを巡る攻防が続きます。

(図6以下の指し手)

△8二飛▲6三と△8五角(図7)▲8四成銀△6三角▲7三成銀△8五飛▲9三角成△7五桂▲7六銀△6七桂成▲同玉△8四桂(図8)▲6三成銀△7六桂▲8六香△7五銀(図9)▲5八玉△8六銀▲7四角(図10)

 

8.死闘

 

(図7は97手目△8五角まで)

 f:id:shogi98:20170824130026p:image

(図8は107手目△8四桂まで)

 f:id:shogi98:20170824130040j:image

(図9は111手目△7五銀まで)

 f:id:shogi98:20170824130053j:image

(図10は114手目▲7四角まで)

 f:id:shogi98:20170824130108j:image

各図を見ていただけたら分かると思いますが、常に駒が当たりになっていながら飛車を取る余裕を与えてくれませんでした。△8四桂も△7五銀も指されてみれば納得といった手で、30秒将棋の中で正しく対応出来た自信はありません。相手の勝負術と秘術に脱帽するばかりでした。

しかし、図10の▲7四角でついに飛車を捕獲。これさえ取り切れば…と思っていたので、少し安心しました。

(図10以下の指し手)

△7五飛▲同馬△同銀▲4七玉△6八桂成▲6一飛△3一銀▲5三成銀△6四金▲8三角成△8二歩▲7三馬△4六香▲同玉△6七角(図11)

 

9.最後のお願い

 f:id:shogi98:20170824130145j:image

(図11は131手目△6七角まで)

飛車を取り切り、勝ちになったと思いました。▲2九飛+▲4八金の形が安定しており、右辺まで逃げ出せばまずこちらは寄らず、あとは確実に攻めるだけ。

図11の△6七角は先手の最後のお願い、といった手でした…ところが。

(図11以下の指し手)

▲6四馬△5六金(図12)まで133手で先手の勝ち

 

10.三手トン死

 f:id:shogi98:20170824130207p:image

(図12は133手目5六金まで)

この時の自分が何を考えていたのか今でも分かりません。▲6四馬とするつもりなら△8二歩は同馬と取るべきであったし、入玉を目指すにしても他にやりようはあっただろうし、何より…自玉の三手詰すらも見えないか!

戻って図11では、▲2五桂でこちらの勝ちでした。自玉に詰めろはかからず、次の▲3三香が詰めろとなり一手一手。

この手を指摘されて、自分のあまりの不甲斐なさと情けなさで、涙が止まりませんでした。

混乱して感想戦もままならず、対局相手の方を始め周囲にまたも迷惑をかけてしまいました。

退席してトイレに籠り、落ち着くまでどれほど時間を要したか。まさか大学生にもなって。本当に情けない。

昼食の時間、隣にYさんが来られて「そういう感情も大事や」と、声を掛けてくださいました。

今回の負けは、大会を通した振る舞いは、自分の実力的な弱さ、そして意志の弱さ、そういったものが全て如実に顕れたと思います。

忘れてしまいたいけれど、忘れてはならない。その思いで、恥ずかしいけれど今回の記事にしたためた次第です。

明々後日には、東京でオール学生団体戦があります。そこではきっちりと結果を残し、チームにとって必要とされる存在であれるよう、またゼロから頑張りたいと思います。