'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人が共同ブログを始めたようです

序盤研究

横歩取り勇気流対策〜△7四飛ぶつけ〜 続き (やきとり)

前回→http://shogi98.hatenablog.com/entry/yktr6 (基本図) この局面の前例は二局あり、どちらも△2八飛(1図)と打っている。 (1図) (参考) ・第30期竜王戦決勝トーナメント 羽生三冠 対 村山七段 ・第76期順位戦A級2回戦 広瀬八段 対 稲葉八段 一目△2八飛には…

横歩取り勇気流対策〜△7四飛ぶつけ〜 (やきとり)

今回は横歩取り勇気流対策の△7四飛ぶつけを研究していく。 (基本図) 基本図までの手順は省く。 基本図以下、 △5二玉▲3六歩△7六飛▲3七桂△7四飛(第1図) (第1図) △7四飛とぶつける筋は、第30期竜王戦決勝トーナメント羽生三冠対村山七段で指された。後手が誘導…

横歩取り勇気流の基礎知識 (やきとり)

今回は横歩取り勇気流の基礎知識についてまとめていく。 横歩取り勇気流は佐々木勇気六段が得意としている形で、棋風通り攻めに適した作戦だ。タイトル戦で指されるなど注目度が高く、同時にこの戦型の優秀さを示している。また、類似形に青野流があり、その…

うっかり三間飛車・先手▲5三角の変化~前編~(Ray)

最近、菅井七段が公式戦で用いて結果を残している戦法があります。 (図1) 図1は、初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩というゴキゲン中飛車模様のオープニングに対し、6手目△3二飛と回ったもの。 正式な名前が決まっていないのか、界隈では「…

対ツノ銀雁木 早繰り銀(やきとり)

今回は対雁木の早繰り銀を見ていく。 雁木と言えば最近密かに流行り始めている戦型である。筆者は雁木にはこう指すという形を一応考えてはいたが、少し気になる筋があり課題となっていた。それが先日、ある棋書を読んでいたところ解決するアイデアが閃いたた…

角換わり▲4五桂速攻 対△3四銀・△4四銀(やきとり)

今回は、前回に続いて2.△3四銀と3.△4四銀を見ていく 2.△3四銀△3四銀(第1図)以下、 (第1図)▲2四歩△同歩▲6六角△4四角▲2四飛△2三金▲同飛成△同銀▲2二歩△3三桂▲同桂成△同角▲同角成△同玉▲2一歩成として結果図2 (結果図2) ▲2四歩△同歩を入れてから▲6六角と打つのが…

角換わり▲4五桂速攻 対△2二銀 (やきとり)

今回は角換わり▲4五桂速攻の研究を述べていく。▲4五桂速攻と一口に言っても、彼我の陣形差によって多くの組み合わせがある。仕掛けはある程度パターンが決まっているとは言え、少しの形の違いで成否が全く変わってしまう。したがって本ブログでは、主な仕掛…