'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人による共同ブログです

序盤研究

結局、脇システムの千田新手△6四同歩ってどうなったのだろう?(Ray)

ここ数ヶ月で矢倉が終わったり終わってなかったりしたそうで…(無知) ただ、最近は▲7六歩に△8四歩と突いても▲6八銀から矢倉を目指されることは少なく、▲2六歩から角換わりになることが多いような気もしていて、相矢倉の勉強はぱったりしなくなっていました。(…

対早石田4手目△4二玉 乱戦の一変化(Ray)

高二の頃、よく早石田を指していました。 理由としては、▲7六歩△3四歩▲7五歩に対し△4二玉や△5四歩で「▲7八飛と回ると△8八角成▲同銀△4五角があるため先手は▲6六歩か▲6八飛とせねばならない」という定跡書の通説に真っ向から立ち向かって、無理やり▲7八飛と回…

角交換振り飛車対策 地下鉄飛車戦法:第1章(Ray)

明けましておめでとうございます。 最近、学生王座戦でTUHK大学将棋部の公式Twitterに「有名ブロガー」として紹介されて以来、リアルでもそう呼ばれることが増えました。Rayです。 最初は嫌だったけど慣れました。 いつかこのブログがホントに有名になれるよ…

学生王座戦第三局:vs一橋大学戦より、対後手角頭歩新アイデア(Ray)

学生王座戦が終わりました。 うーん、虚無! ボコボコにされまくりました。実力不足以外のナニモノでもありませんね。 敗戦局を挙げたらキリが無いのですが、今回はその中でも一橋大学戦のSさんとの将棋の序盤を紹介したいと思います。 結果から言うと、棋書…

序盤アイデア:一手損角換わり編(やきとり)

今回は一手損角換わりについて、一手損角換わりの天敵である早繰り銀と互角に戦える手順を新しく見つけたので、ここに書き記しておきます。 初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△8八角成(途中図1)▲同銀△2二銀▲3八銀△6二銀▲3六歩△4二玉▲2五歩△3三銀▲3七銀△4四歩(途中…

序盤アイデア:相三間飛車編(やきとり)

今回は菅井ノート先手編を読んでいて気になった点があったので、アイデアとして記事にして残しておきます。 初手から▲7六歩△3四歩▲7五歩△3五歩▲7八飛△3二飛▲5八金△5二金▲4八玉△6二玉(1図) (1図) 1図が今回のテーマ図です。 菅井ノートに書いてあった1図での…

最速▲4五桂速攻(やきとり)

今回は角換わり▲4五桂速攻について書きます。前に同じような記事を投稿しましたが、それとは違う形になります。 初手より ▲7六歩△8四歩▲2六歩△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同銀△2二銀▲4八銀△6二銀▲3六歩△3二金▲4六歩△4二玉▲2五歩△3三銀▲3七桂△6四歩(1図…

後手横歩取り△4二玉(やきとり)

お久しぶりです。何回か投稿してみて慣れてくると色々なことが気になって結局記事にするのを見送る、ということを繰り返していたら3ヶ月も経っていました。ブログの存在を忘れていたわけではないので悪しからず。 今回は後手横歩取りの工夫について書きます…

後手番角頭歩・乱戦の一変化(Ray)

以前、うっかり三間に関する研究記事を投稿したことがありました。↓ その際、この戦法のメリットとして、△5四歩を突くことで左銀を中央に活用しやすい、▲6五角問題が無い…などの主張を述べました。 ところがつい先日、ある棋譜を並べていて思ったことがあ…

対四間飛車ミレニアム:第1章〜▲6七金型編〜(Ray)

第0章↓ ミレニアムの生まれた経緯について、第0章の記事で軽く紹介させていただきました。今回からは詳しい変化を調べて行こうと思います。 しかし、予め断っておきたいことが2点、 1.居飛車が先手の場合を想定 2.振り飛車の藤井システムの駒組について、先…

横歩取り拒否ひねり飛車対策(あるす)

すっかり更新せずにいてごめんなさい。 あるすです。 前回の記事で次の記事は高校選手権とか言っといて結局サボってしまいました。 高校選手権についてはれいくんが書いてくれたのでそちらをご覧になってください。↓ さて、やきとりRayの2人がメジャーな戦…

対四間飛車ミレニアム:第0章~introduction~(Ray)

今回は、ミレニアムが生まれるきっかけとなった藤井システムの歴史と、居飛車、振り飛車それぞれの対応の変遷について軽く紹介したいと思います。具体的な研究については次回以降の投稿をお待ちください。 1995年度B級2組順位戦▲藤井猛ー△井上慶太 戦(図1…

横歩取り勇気流対策〜△7四飛ぶつけ〜 続き (やきとり)

前回↓ (基本図) この局面の前例は二局あり、どちらも△2八飛(1図)と打っている。 (1図) (参考) ・第30期竜王戦決勝トーナメント 羽生三冠 対 村山七段 ・第76期順位戦A級2回戦 広瀬八段 対 稲葉八段 一目△2八飛には、少なくとも良い手ではなさそうといった印…

菅井流三間飛車 先手▲5三角の変化〜後編〜(Ray)

前編↓ ▲7六歩△3四歩▲5六歩(図1) (図1) この局面は、なんとプロ公式戦の先手勝率が4割を切っていると言います。 原因は△8八角成▲同銀(同飛)△5七角からの馬作り。この後馬を引き付けて穴熊にさえ組めれば、後手はまず堅さ負けしない形を作ることが出来ます。 …

横歩取り勇気流対策〜△7四飛ぶつけ〜 (やきとり)

前回↓ 今回は横歩取り勇気流対策の△7四飛ぶつけを研究していく。 (基本図) 基本図までの手順は省く。 基本図以下、 △5二玉▲3六歩△7六飛▲3七桂△7四飛(第1図) (第1図) △7四飛とぶつける筋は、第30期竜王戦決勝トーナメント羽生三冠対村山七段で指された。後手…

横歩取り勇気流の基礎知識 (やきとり)

今回は横歩取り勇気流の基礎知識についてまとめていく。 横歩取り勇気流は佐々木勇気六段が得意としている形で、棋風通り攻めに適した作戦だ。タイトル戦で指されるなど注目度が高く、同時にこの戦型の優秀さを示している。また、類似形に青野流があり、その…

菅井流三間飛車 先手▲5三角の変化~前編~(Ray)

最近、菅井七段が公式戦で用いて結果を残している戦法があります。 (図1) 図1は、初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩というゴキゲン中飛車模様のオープニングに対し、6手目△3二飛と回ったもの。 図1の局面ですが、誰しも一目「▲2二角成△同…

対ツノ銀雁木 早繰り銀(やきとり)

今回は対雁木の早繰り銀を見ていく。 雁木と言えば最近密かに流行り始めている戦型である。筆者は雁木にはこう指すという形を一応考えてはいたが、少し気になる筋があり課題となっていた。それが先日、ある棋書を読んでいたところ解決するアイデアが閃いたた…

角換わり▲4五桂速攻 対△3四銀・△4四銀(やきとり)

前回↓ 今回は、前回に続いて2.△3四銀と3.△4四銀を見ていく 2.△3四銀△3四銀(第1図)以下、 (第1図)▲2四歩△同歩▲6六角△4四角▲2四飛△2三金▲同飛成△同銀▲2二歩△3三桂▲同桂成△同角▲同角成△同玉▲2一歩成として結果図2 (結果図2) ▲2四歩△同歩を入れてから▲6六角と打…

角換わり▲4五桂速攻 対△2二銀 (やきとり)

今回は角換わり▲4五桂速攻の研究を述べていく。▲4五桂速攻と一口に言っても、彼我の陣形差によって多くの組み合わせがある。仕掛けはある程度パターンが決まっているとは言え、少しの形の違いで成否が全く変わってしまう。したがって本ブログでは、主な仕掛…