'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人が共同ブログを始めたようです

うっかり三間飛車・先手▲5三角の変化~前編~(Ray)

最近、菅井七段が公式戦で用いて結果を残している戦法があります。

f:id:shogi98:20170718235444j:image

(図1)

図1は、初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩というゴキゲン中飛車模様のオープニングに対し、6手目△3二飛と回ったもの。

正式な名前が決まっていないのか、界隈では「うっかり三間飛車」と呼ばれているのをよく目にします。従ってここでもそう呼ばせていただきましょう。

 

図1の局面ですが、誰しも一目「▲2二角成△同銀(同飛)▲5三角で馬が作れるのではないか?」と考えたことがあるはず。

残念ながらそう進んだプロ公式戦の前例は無く、アマチュア的には飛び込み辛い変化となっているのが現状です。

しかし、もし大会などでこう指された時に「知っている」と「知らない」の差はあまりに大きい。出来れば事前に「いけるのか」「いけないのか」「その理由は」を自分なりに整理しておきたいと思い、今回、二回に分けて記事にしようと思った次第です。

稚拙な棋力とソフトを使って読み進めたいと思いますが、双方が最善を尽くした手順を挙げられるとは思っておりません。予めご容赦願います。

 

 

(図1以下の指し手)

▲2二角成△同銀(図2)

f:id:shogi98:20170718235459j:image

(図2)

今回の記事を前編、後編に分けた理由はここにあります。

そう、▲2二角成を△同銀と取るか△同飛と取るか。

読み進めたところ、この二つで全く異なる展開の将棋になることが分かってきたので別々に分けることにしました。

今回は△同銀と取った変化について調べて行きたいと思います。

 

(図2以下の指し手)

▲5三角△3五歩▲8六角成△3六歩▲同歩△5五角(図3)

 f:id:shogi98:20170718235509j:image

(図3)

▲5三角に△3五歩が三間飛車の顔を立てる一手。次に△4二角を見せて、先手の手を限定しています。

▲8六角成のところ▲7五角成もありますが、▲5五角と打たれた時、反撃の味を見せて7七桂と跳ねてみたいため、こちらが優るのではないでしょうか。

△3六歩に▲同歩は致し方ない一手。▲4八銀などでは△5五角▲7七馬△同角成▲同桂△5五角(図4)で馬を消された上に二枚換えを狙われ先手厳しいでしょう。

f:id:shogi98:20170718235605j:image

(図4)

(図3以下の指し手)

▲7七桂△6二玉▲3八金△3六飛▲3七歩△3四飛(図5)

f:id:shogi98:20170718235609j:image

(図5)

▲7七桂に対し、飛車に飛び付かずじっと△6二玉が肝要の一手。5三の地点を受けなければ、後の▲6五桂が受からなくなります。

対して、先手も飛車を逃げることは出来ません。▲1八飛のような手では△3六飛と走られて先手面白くなく、次に飛車取りを防げる形にするためには▲3八金の一手しかありません。

ここでも後手は飛車を取らず△3六飛。以下▲3七歩△3四飛と進んだ第5図では、先手は馬を主張し、後手は持ち歩の主張とバラバラな敵陣を咎める方針。個人的には居飛車まずまずだと考えていますが、ここまでの手順が後手にとって非常に誘導率が高い局面であることから、研究のしやすさ、経験値の積みやすさが大きく後手も相当戦えるのではないか、とも思います。

 

今回の記事はごくごく一部の、出現率の高い変化を切り取っただけのものです。

次回の投稿では、▲2二角成に同飛と取った展開を読み進めていきます。