'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人が共同ブログを始めたようです

東北遠征記(Ray)

8/2~6の5日間(うち2日は移動だけど)、東北に行って来ました。

目的は高校選手権の観戦、及び広島勢・愛知勢・Twitterで繋がりのある高校生のみんなの応援です()今回はその5日間についてつらつら書こうかと思います。

(※注意:長い上、身内ネタを極力抑えようとした(抑えられなかった)結果、日本語が相当怪しくなったので適当に読み飛ばしてください!)

 

~Day1 8/2(Wed)~

大会会場は宮城県白石市。ということで、新幹線…といきたかったのですが、そこは貧乏学生。鈍行に揺られ、青春18きっぷで行くことに。

始発で京都から来られた立命館大学のMさん、Zさん、Fさんと名古屋駅で合流し、ガタゴト数時間。御三方はずっと寝ておられた…本当にお疲れ様でした。

…しかし、いつまで経っても魔境サイレントヒル(静岡)から抜け出すことが出来ない。Zさんの「18は静岡ゲーだよ…」という一言の重みを身をもって知ることに。

なんとか静岡を抜け出し関東圏に入った頃には、既に昼も良い時間になっていました。

Fさんと、横浜に実家があるZさんとはここでいったんお別れ。Mさんと二人でいよいよ北上の旅へ。

…と、その道中、あるすと宇都宮(栃木)で合流。彼埼玉県民のはずだけど、何故宇都宮で合流だったのか。まぁ良いか。

三人で喋ったり将棋指したりしてるうちに東北に入り、福島に泊まる予定だったMさんとは先にお別れ。ここから先、あるすと二人っきりになってからが悲劇の始まりでした。

れ「どこまで行く?18だし、値段は変わらないけど」

あ「明日になると移動料金発生しちゃうから、今日中に大会会場のある白石まで行ってしまおう」

れ「そうねー、まぁカラオケか飲食店か、どっかで一夜過ごせば良いよね」

そして着きました白石市。名古屋からの総移動時間は実に13時間!いやー疲れました。と  こ  ろ  が

れ・あ「ド田舎じゃん!(ド田舎じゃん…ド田舎じゃん…)」←エコー

もう、何もない!20分歩いて辿り着いたカラオケはもうすぐ閉まると言われ、都会であれば24時間やっているチェーン店でさえ、遅くとも23時には閉店してしまう。

ここはまずい、早く別の街へ…と、駅に駆け戻った頃には、10時台の終電が行ってしまったのでした…早いよ終電…

れ「どうする?野宿しちゃう?(ちょっと楽しい)」

あ「取り敢えずツイキャスしようか(一般人の発想)」

そして何故か、駅のベンチで駄弁りながら将棋を指し、配信を始める二人。

一時間ほど配信し、そこそこ居心地にも慣れてこのまま駅で一晩過ごすのも悪くないな~…と思っていた矢先。

駅員「じゃ、ここ閉めますんで」

れあ「アッハイ」

 

追い出されました。

 

あ「本当にどうしよう」

れ「取り敢えず大会会場に下見に行こうか(常識人の思考)」

駅から再び20分ほど歩き、大会会場へ(図1)f:id:shogi98:20170812012612j:image

既に日付は変わっていたので、当日の会場入り(?)一番乗りは私達だったと言っても良いでしょう(誇)。

しかし、会場周辺もド田舎であることに変わりはなく、ふらついて辿り着いたコンビニで…

み  つ  け  た  (図2)

f:id:shogi98:20170812012626j:image

ベンチがこんなに輝いて見えたことはありません。

授業中に寝るのと同じスタイルで(良い子は真似しちゃダメだよ!)ベンチに座って軽く睡眠を取り、辛うじてその日は凌いだのでした…

f:id:shogi98:20170812012638j:image

 

 

~Day2 8/3(Thu)~

A.M.4:30、起床。

れ「おはy…さっむ!」

東北の朝の冷え込みは想像以上でした(図3)。しっかりと風邪を引いて、大会初日の朝。

f:id:shogi98:20170812012735j:image

れ「まだ早いし、どうやって時間を潰そうか」

あ「スマホの充電したいから、カラオケ探したい」

…ということでカラオケを求めて2駅先の大河原へ。というより、カラオケのために2駅&徒歩20分って…

充電を終え、着替えを済ませ、風邪を引いたため声が出ないカラオケも切り上げ、白石に戻った頃には大会も開会式が終わり、いよいよ一回戦…という緊張感漂う頃となっていました。

知り合いの対局を観戦したり、合間に声を掛けたり。本当に多くの方と接することが出来て良かったです。

特に個人戦で出場していた高校の後輩との再会は感慨深かったです。驚かせたくて、宮城まで来ることもずっと黙って、卒業してから4ヶ月以上連絡も取らずにいたので、「頑張って代表取ってもメールのひとつもくれないし!関係終わったのかと思ってもう二度と会えないかと!(怒)」…と怒られちゃいました。

しかし、どこまでいっても後輩達は可愛いもんで。高校竜王も頑張ってね。

結局この日は最後の対局まで観戦し、愛媛代表の子達と同じ宿で一夜を過ごすことが出来ました。それにしても高校生は元気だなぁ…途中から記憶が無いのだけれど、あの子らはいつまで大富豪してたんだろうか。

 

 

~Day3 8/4(Fri)~

この日も応援のため、会場へ。

N高校の顧問の先生が人手が欲しい、と仰ってたので棋譜取りのお手伝いをすることに。形ある応援が出来て良かったです。

決勝は会場に入ることが許されなかったため、N高校OGのNさんと一緒に大判解説会場で、顧問の先生からの速報をじっと見守ってました。

 

N高校は準優勝という結果でしたが、選手達はおそらく満足していないことでしょう。彼女達に限らず、この大会に参加した選手達全員に伝えたいことではありますが、来年がある選手は来年に向けて、そしてこれが最後の高校大会だった選手は、受験や就職に気持ちを切り替えて、次のステージに進む為の一歩を踏み出して欲しいと思います。

去年の私の時は、いつもは大会で負けても「この悔しさを次に活かそう」と前向きに捉えようと努めていましたが、最後の選手権で敗れてその「次」を失った時、言いようもない虚無感に襲われて耐えられなかった覚えがあります。今年で高校将棋を引退する選手達が、そんな思いをすることなく切り替えられたらそれが一番です。

 

大会が終わり、多くの方と別れを済ませた後、観光のため岩手へ。

電車の中では詰将棋を解いたりして過ごしました。観戦したことで非常にモチベーションは高まりました。高校生達に感謝です

盛岡でふらっと入ったラーメン屋が何故か熊本ラーメンの店だったりしましたが、そこからも電車を乗り継いで宿のある小岩井駅へ…しかし。

超ド田舎じゃん!?(残響する物すら無い)」

無人の駅から予約していた宿は6kmほど離れていたため、観念してタクシーを使おうかなどと思いましたが、そんなものはなかった。

歩きで行くしか無くなってしまったが、街灯が存在しないため道が分からない。

散々木とガードレールにぶつかりながら御所湖の繋大橋に辿り着き、遥かむこうに宿泊街の光を見たときの気分は、5体瀕死、1体どく状態で蝕まれながらポケモンセンターに辿り着いた時と良く似ていました。うーん、伝われ(図4)

f:id:shogi98:20170812012840j:image

野宿で知った、屋根と壁の有難みを噛みしめながら、就寝。

温泉もたいへん気持ち良かったです。

 

 

~Day4 8/5(Sat)~

(以下イメージ画像でお送りします)

f:id:shogi98:20170812012928j:image

f:id:shogi98:20170812012944j:image

f:id:shogi98:20170812013028j:image

f:id:shogi98:20170812013046j:image

f:id:shogi98:20170812013059j:image

f:id:shogi98:20170812013114j:image

 

とても楽しかったです。

22:30発東京行きの夜行バスで、東北をあとにしました。

 

 

~Day5 8/6(Sun)~

東京からは再び鈍行の旅…と思っていたのですが、盛大に間違って特急スーパーあずさ号に乗ってしまいました。

…つまり、18きっぷが使えない電車に乗ってしまったんですよねー。さようなら諭吉さん…

せっかくなので、中央線で長野を経由して帰ることに。非常に景色も良く、これはこれで、間違って良かったのかな。

f:id:shogi98:20170812012902j:image

…などと心穏やかに過ごしていると、スーツケースが手元にない。

名古屋駅の忘れ物預かり所に相談にいくと該当するスーツケースが岐阜県で発見されました(笑)着払いで、さようなら英世さん×2…

 

…とまぁ、様々なことを経験した5日間でした。生涯忘れることはないでしょう。

今後も、大会の有無に関わらず大学生のうちに日本中を旅してまわろうと思います。

次は、どこへ行こうか。