'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人が共同ブログを始めたようです

対四間飛車ミレニアム:第1章〜▲6七金型編〜(Ray)

ミレニアムの生まれた経緯について、第0章の記事で軽く紹介させていただきました。今回からは詳しい変化を調べて行こうと思います。

しかし、予め断っておきたいことが2点、

1.居飛車が先手の場合を想定

2.振り飛車藤井システムの駒組について、先に△7四歩と突く形を想定

 

…1については、元々ミレニアムが後手番で千日手を狙う戦法であることが理由です(図1)

f:id:shogi98:20170905160752j:image

図1から△8四飛と浮いて次の△7五歩を狙うと、先手は▲6六角と上がって受けることになります。しかしそこで△8一飛と引くと今度は△8六歩以下の仕掛けが生じるため、▲7七角と受け…以下△8四飛▲6六角△8一飛▲7七角…といった順です。

これで先手番を掴んで不満なし…といった内容でも構わないですが、記事にするには物足りないと感じました(笑)なので、先手番でミレニアム側が積極的に仕掛けを狙うような変化について調べたいと思った次第です。

2について、藤井システムでは△7四歩を先に突くか△6四歩を先に突くか、という分岐がありますが、△6四歩と突く形に対しては▲5五角と飛び出る手(図2)が有力であり、これは後にミレニアムに組むにせよ、少し異なる分類となるため今回は割愛させていただきます。

(図2)

 f:id:shogi98:20170905160812j:image

(初手からの指し手)

▲2六歩△3四歩▲7六歩△4四歩▲4八銀△4二飛▲6八玉△3二銀▲5六歩△7二銀▲7八玉△7四歩▲2五歩△3三角▲5八金右△9四歩▲7七角△4三銀▲6八角(図3)

f:id:shogi98:20170906191125p:image

(図3は▲6八角まで)

最序盤は一般的な持久戦の駒組と変わらないと思います。

工夫と言えるかどうかは分かりませんが、△9四歩に対してすぐには端歩を突き返さない方が良いかと考えています。

当然ミレニアムに組みあがった局面を想定すると▲9六歩の一手は入っていた方が得が大きいです。しかし

1.駒組を一手早めたい(他に手を掛けたい)

2.居飛車穴熊のフリをすることで後手玉を居玉に留めさせたい

…という点から、端歩を省いた局面を想定します。

2の主張は図1の▲6八角で効果が表れます。ここで△4五歩は▲2四歩△同歩▲同角に△2二飛と回れない(▲3三角成が王手)ため、後手の応手を△2二飛に限定している意味があります。

 

(図3以下の指し手)

△2二飛▲6六歩△4五歩▲6七金△6四歩▲7七桂△5四銀▲5七角△7三桂▲8八銀△6二玉▲8九玉△7一玉▲7八金(図4)

f:id:shogi98:20170906191232p:image

(図4は▲7八金まで)

▲6六歩と早めに突くのは争点を作って怖いようですが、▲6七金~▲7七桂~▲5七角の形を作ればすぐ潰されることはありません。後に△6二飛と戦力を足されるのが怖いようですが、後手は居玉のままでは飛車を動かせないため△6二玉~△7一玉の2手が必要となり、先手の駒組が間に合うという計算です。

図4以下は恐ろしく変化が煩雑になります。列挙すると、

○先手

・左右の端歩をいつ突くのか

・▲8六歩をどのタイミングで突くのか

・右銀を攻めに使うのか、それとも7九まで運ぶのか

○後手

・1筋の歩を突き越すのか

・囲いは高美濃、ダイヤモンド美濃、銀冠のいずれを選択するのか

・△6二飛と回って6筋を争点にするのか

 

…などなど。ひとつひとつを虱潰しに調べても記事には書ききれないので、今回は最も出現率の高い後手銀冠の形を書いていきます。

 

(図4以下の指し手)

△5二金左▲9六歩△8四歩▲5九銀△8三銀▲6八銀△7二金▲7九銀右△8二玉▲3六歩△6三銀(図5)

f:id:shogi98:20170906191251p:image

(図5は△6三銀まで)

△5二金左と上がると、△6二飛から後手が強襲を狙う変化は無くなります。それを見て先手は右銀を3七から繰り出して積極的に仕掛ける順もありますが、本譜では金銀4枚で囲い合う持久戦を見ていきます。

▲9六歩は持久戦になると見れば一刻も早く突きたかった歩。後手の方が手詰まりになりやすいので、△9五歩を消し▲8六歩を作るという意味で見た目以上に価値の大きい一手なのです。

そして、図5の△6三銀が今回の研究で示したかった一手です。6五の地点を争点に残すより、玉を固めて△5四歩~△5五歩の開戦を狙おうといった手です。しかし、先手からの▲3七桂が見えていますが…

 

(図5以下の指し手)

▲3七桂△5四歩▲1六歩△4二飛(図6)

f:id:shogi98:20170906191318p:image

(図6は△4二飛まで)

▲1六歩のところで▲4五桂と跳ねるのは△1五角▲4六角△4二飛▲2四歩△4五飛▲2三歩成△9五歩▲同歩△同香▲9六歩△同香▲同香△9五歩▲3二と△9六歩▲2一飛成△9一香▲9八歩△4八角成(図7)と進み、互角ながら双方手の作り方が難しい将棋となります。

f:id:shogi98:20170906191338p:image

(図7は△4八角成まで)

一旦△1五角を消して▲1六歩と突き、▲4五桂を受けて△4二飛と回った図6も大きな分岐。

▲2四歩と開戦出来るなら、先手は打開したい所。先に後手から△5五歩が回って来ると、捌き合いが一手間に合わない展開となります。

(図6以下の指し手)

▲2四歩△同歩▲同角△2二飛▲2五歩△5五歩(図8)

f:id:shogi98:20170906191358p:image

(図8は△5五歩まで)

△5五歩と突っかけた局面で、先手には

1.▲5五同歩△同角▲1五角

2.▲3三角成△同桂▲2四歩

3.▲3五歩

4.▲6八角

…の4通りの選択肢があります。今回はそれらひとつひとつの展開を見て終わりにしたいと思います。

 

1.▲5五同歩△同角▲1五角△3三桂▲2四歩△2六歩▲同角△2五桂▲2三歩成△2一飛▲3二と△3七桂成▲2九飛△2八成桂▲2一と△2九成桂▲5四歩(図9)

f:id:shogi98:20170906191432p:image

(図9は▲5四歩まで)

飛車を逃げるタイミングなど細かな変化は存在しますが、△5五歩を同歩と取ると、ほぼ一本道でこの局面に進むと思います。

後手だけ一方的に桂馬が捌けているようですが、手にした時の小駒の価値が先手の方が高いこと、攻めの手番を先に握っていることから図9の局面は互角と言えると考えています。以下△5四同銀▲5三歩△6二金▲1一と、と進むと▲5一飛以下狙いが明快な先手の方が実戦的に指しやすいかもしれません。

 

2.▲3三角成△同桂▲2四歩△2七歩▲同飛△3八角▲2八飛△4七角成▲2三歩成△3七馬▲2四飛△4六馬▲2七飛△3六馬▲2九飛△4七馬…以下千日手(図10)

f:id:shogi98:20170906191510p:image

(図10は△2七馬まで)

…角交換すると、△2七歩~△3八角の順で後手は飛車を2筋から追う順で千日手の権利を得ることが出来ます。飛車を取り合う変化は馬の存在が大きく後手良しとなります。先手からするといずれの変化も面白くなく、2の変化は飛び込みにくいのではないかと考えます。

 

3.▲3五歩△4四角▲4五桂△2三歩▲1五角△1四歩▲2六角△5六歩▲3四歩△4二飛▲4六歩△2六角▲同飛△4四飛▲3三歩成△同桂▲同桂成△3七角▲4五歩△同飛▲5六飛△5五歩▲3六飛△1九角成(図11)

f:id:shogi98:20170906191529p:image

(図11は△1九角成まで)

先手は桂を捌きますが、後手も先手の飛車に当てて手番を握りながら大駒の捌きを狙います。図11で先手の指し手は▲3四飛ぐらいでしょうが、成桂が邪魔な感覚が否めず、形勢はともかく先手を持ちたい人は少ないのではないでしょうか。

 

4.▲6八角△4四角▲2四歩△2六歩▲4六歩△5六歩▲同金△4六歩▲同角△7五歩(図12)

f:id:shogi98:20170906191605p:image

(図12は△7五歩まで)

△5六歩が回ると▲同金と取るよりなく、その瞬間に後手から△7五歩の桂頭攻めが発生します。受けるには▲6七金と上がるしかありませんが、金2枚が玉から離れる展開は先手相当勝ちにくいと思われます。

 

…以上の変化より、図8の局面から▲2四歩と突く変化は万全な対応を施して互角の捌き合い、といった印象を受けます。

後手も一歩間違えば簡単に突破されてしまう形ではありますが、△5四歩~△5五歩を狙う△6三銀は工夫として成立しているのではないか、と考えます。

 

長々と書き連ねましたが、今回は以上で締め括りたいと思います。

 

なお、お詫びですが、次回は▲6六角型ミレニアム(トーチカ)について研究したいと考えていたのですが、どうにも居飛車が良くならない。ツブレだとしてその変化を書いても良いのですが、この手順は実戦で私が登用したいと思うだけに、記事にすることは控えさせていただきます。申し訳ありません。

次に研究する戦型についてはまだ考え中です。次回もよろしくお願い致します