'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人による共同ブログです

後手番角頭歩・乱戦の一変化(Ray)

以前、うっかり三間に関する研究記事を投稿したことがありました。↓

 

その際、この戦法のメリットとして、△5四歩を突くことで左銀を中央に活用しやすい、▲6五角問題が無い…などの主張を述べました。

 

ところがつい先日、ある棋譜を並べていて思ったことがありました。

 

(初手からの指し手)

▲2六歩△3四歩▲7六歩△2四歩(図1)▲4八銀△5四歩▲6八玉△8八角成▲同銀△2二飛(図2)

 

(図1は4手目△2四歩まで)

 f:id:shogi98:20171015182253j:image

(図2は10手目△2二飛まで)

 f:id:shogi98:20171015182300j:image

この局面の後手が主張するならば、

1.左銀が中央に活用しやすい

2.▲6五角問題が無い

3.ついでに▲5三角問題も無い

4.▲2六歩△2四歩型の角交換振り飛車に誘導出来る

5.一手で2二に飛車を回っているため手損が少ない

 

…なんだか、どうせ向かい飛車に振りなおすなら、うっかり三間より後手角頭歩の方が優秀なのでは?と思えて来たんですよね…

 

もちろん、単なる上位互換なはずはありません。角頭歩は角頭歩なりに序盤のハードルを抱えているため、実戦登用する前に…と思い研究していたところ、少し面白い変化があったので今回はそれを書こうと思います。

誘導率はかなり低い(というより、ほぼ現れないでしょう)し、この記事を見たからといって他のハードルが越えられるものでもありませんが、お付き合いください。

 

(図1以下の指し手)▲2五歩△同歩▲同飛△8八角成▲同銀△3三桂▲2三飛成△2二飛▲2四歩△3二金▲2二竜△同銀▲2三角(図3)

 f:id:shogi98:20171015182330j:image

(図3は17手目▲2三角まで)

▲2五歩と激しく行く変化を掘り下げようと思います。途中▲2四歩に△2三飛▲同歩成△4五桂などの変化も有名ですが、今回は割愛させていただきます。

最終手▲2三角を取る手には、清算して▲2一飛で先手勝勢。後手は丁寧な対応が求められることが多く、そういった意味で研究無しにこの戦法を指すのは怖い変化が多いかな、と思わされることがしばしばあります。

 

(図3以下の指し手)

△3一金▲3四角成△4五角▲4三馬△5二金▲6五馬△6七角成(図4)

 f:id:shogi98:20171015182342j:image

(図4は24手目△6七角成まで)

▲2三角は取れないので△3一金と引きます。▲2三歩成を許してはならないため、▲3四角成に△4五馬はこの一手。

対して▲同馬と取る変化は、以下△同桂▲2三歩成△同銀▲3五飛△2一飛(図5)▲4五飛△3四銀▲2二歩…と難解な手順が続きますが、微差で後手が指しやすい展開になると考えています。

f:id:shogi98:20171015182357j:image

(図5は26手目△2一飛まで)

本譜では△4五角は取らず▲4三馬と飛び込んだ変化を見ていきます。△6七角成で8九の桂取りが受けにくいようですが…

 

(図4以下の指し手)

▲8三馬△6二金▲6四歩△6六飛▲6八飛(図6)

 f:id:shogi98:20171015182411j:image

(図6は29手目▲6八飛まで)

▲8三馬が次に▲6一飛を狙って厳しい。受けられる手も限られており、仕方ない△6二金には▲6四歩が継続の一手。

後手困ったようですが、△6六飛が攻防の一着。放っておけば△4九馬▲同玉△6九飛成で後手勝ち。よって先手も▲6八飛と最強の受けを見せますが…

 

(図6以下の指し手)

△6四飛▲6七飛△同飛成▲7八角(図7)△同竜▲同金△1二角(図8)

 f:id:shogi98:20171015182424j:image

(図7は33手目▲7八角まで)

 f:id:shogi98:20171015182442j:image

(図8は36手目△1二角まで)

後手は邪魔な歩を払い、先手は嫌味な後手の大駒を盤上から消去。最終手△1二角はぱっと見たところ狙いが分かりにくいですが、次に先手から▲5六馬と引かれる手を防いだ意味合いがあります。

 

(図9以下の指し手)

▲6七歩△8二歩▲8四馬△2六歩(図10)

 f:id:shogi98:20171015182454j:image

(図10は40手目△2六歩まで)

最終手△2六歩が後手待望の反撃で、▲3八銀といったような受けでは△2七歩成~△2八歩(2八飛)などで簡単に後手が良くなります。

受けるなら▲2三歩成△同角▲2八歩くらいですが、この局面をどう見るか。

一目、先手には馬ができており後手は生角(しかも筋違い)なので先手を持ちたくなりますが、後手からは△1四歩~△1五歩~と伸ばして△1六歩▲同歩△1八歩▲同香△1九飛と明快な狙いが残されており、実は先手も結構忙しい。

個人的には、やはり形の綺麗な先手を持ちたいですが、実戦で持つと結構嫌かもしれない、といった印象です。

 

この局面まで進むことはほぼないと言っても過言ではありませんが、この他にも後手角頭歩には調べてみると面白い変化がかなり多く存在します。

それらのハードルを乗り越えて、普通の角交換振り飛車を目指してこの戦法が指せるようになれば、それは大きなアドバンテージに繋がるのではないかと考えます。以上急ぎ足でしたが今回の記事はこれで終わりにしたいと思います。ありがとうございました。