'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人による共同ブログです

角換わり、難しいもの。(ふりーじお)

 新人戦で優勝させてもらってから自戦記を書こう書こうと思いながら一ヶ月が経とうとしているふりーじおです。

決勝の棋譜は部活のブログの方にあげたので準決勝の将棋を振り返ろうと思います。

、とはいえかなり一方的な将棋だったので仕掛けだけ研究も兼ねて見ていきます。

 

f:id:shogi98:20171030003336p:plain

最近(ちょっと前かな)よく見る角換わりの将棋になりました。

後手が私で、△4四歩と突いているのが工夫です。自陣はほぼ完成形なので、ここで相手に仕掛けさせて反撃を狙おうという考え方です。

 

本譜は▲4八飛△3一玉としてから▲4五歩〜▲7五歩と仕掛けてきましたが。そこで2六角という手があり、先手は▲3八飛と寄らざるを得なくなり、仕掛けが失敗した形になりました。

後手には4一飛と飛車を活用する順があるので後手がかなり指しやすい印象です。

本譜も8筋を攻めて玉形を悪くさせてから4筋に飛車を回って優位を保ったまま勝つことができました。

 

感想戦でお相手は上の局面図がすでに先手作戦負けかもしれないとおっしゃっていたのでそういうものなのか、と思っていました、、、が

先手が4筋に飛車を振らずに単に▲4五歩△同歩▲同銀△同銀▲同桂△4四銀▲6三銀(下図)となってみると後手が困っています。

f:id:shogi98:20171030003417p:plain

さすがにこれはまずいので▲同銀のタイミングで△5五角と打ちますが、▲2七飛と受けられて、▲6三銀の筋が残っている後手が指しにくいようです。

 

結果4四歩と攻めを呼び込む手があまり良くなく、△3一玉や△6五歩などが普通だったようですね...

 

こんな感じであっさり振り返ってみましたが、角換わりはやはり研究し甲斐のある戦型ですね。また何か面白い手があったら研究してここに載せたいと思っています。

 

最近はだいぶん寒くなってきて、現在私は体調を崩し、頭と喉の痛みに耐えながらパソコンに向かっています。皆さんも体調に気をつけて良い将棋ライフを送ってください。

ではまたいつか!