'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期5人による共同ブログです

学生王座戦第三局:vs一橋大学戦より、対後手角頭歩新アイデア(Ray)

学生王座戦が終わりました。

 

うーん、虚無!

 

ボコボコにされまくりました。実力不足以外のナニモノでもありませんね。

 

敗戦局を挙げたらキリが無いのですが、今回はその中でも一橋大学戦のSさんとの将棋の序盤を紹介したいと思います。

 

結果から言うと、棋書を読んで知った気になっていた変化に突っ込んだ所を研究でハメ落とされてノーチャンス、といった将棋でした。

 

しかし、その順があまりに画期的だったので是非載せたいと思った次第です。場合によってはその棋書に漏れがあるという警告にも成り得ますし…

 

〜〜〜〜〜

 

先手:Sさん

後手:私

 

(初手からの指し手)

▲2六歩△3四歩▲7六歩△2四歩▲6八玉△5四歩▲2五歩△同歩▲同飛△8八角成▲同銀△2二飛(図1)

f:id:shogi98:20171228095455j:image

(図1は△2二飛まで)

 

戦型は後手角頭歩。

△5四歩と突いた形で▲2五歩と仕掛けると、△同歩▲同飛に△3三桂は▲2三飛成△2二飛▲3三竜△2九飛成▲5三桂(図2)で先手が良くなるため、▲2五歩△同歩▲同飛には単に△2二飛とします。

f:id:shogi98:20171228100502j:image

(図2は▲5三桂まで)

 

その△2二飛に▲2三角は△3三角(図3)で△8八角成と△2四歩を狙って後手に分のある分かれとなります。

f:id:shogi98:20171228100536j:image

(図3は△3三角まで)

 

従って先手は飛車交換を防ぐには▲2三歩の一手。(なお▲2二同飛成△同銀▲5三飛は△5二金右▲5四飛成△2七角(図4)なので、飛車交換は先手面白くありません)

f:id:shogi98:20171228100554j:image

(図4は△2七角まで)

 

本手順に戻ります。

(図1以下の指し手)

▲2三歩△5二飛▲7八玉△1四角(図5)

f:id:shogi98:20171228100839j:image

(図5は△1四角まで)

 

さて、ここが問題の局面です。

私が読んだ棋書では▲4五飛として△4七角成を受け、以下△3二金…といったような変化で互角と紹介しており、私も▲4五飛はその一手だと思い何の疑いも抱いていませんでした…しかし

 

(図5以下の指し手)

▲2八飛△4七角成▲5八金右△1四馬▲5六角(図6)

f:id:shogi98:20171228101242j:image

(図6は▲5六角まで)

 

▲2八飛とノータイムで引かれて「!?」ってなりました。角成れるやん…?

▲5八金右に対し、6.7筋方面に馬を引くのは▲2二角と打ち込んで先手良し。△1四馬は仕方ない引き場所です。

しかしそこで図の▲5六角が恐ろしい一手。

結果から言うと、この角はもう8三に成らせるしか無かったんでしょうね。次譜でこの角の狙いが明らかになります

 

(図6以下の指し手)

△7二銀▲3四角△3二金▲1六歩(図7)

f:id:shogi98:20171228101804j:image

(図7は▲1六歩まで)

 

衝撃でした。

▲1六歩と突かれたこの局面、既に後手の勝てない将棋になっています。

馬を消されるか、角を成られるか。どちらかが受からないのです。

一例を挙げると、△2五歩▲同角△2三馬▲4三角成(図8)

f:id:shogi98:20171228102207j:image

(図8は▲4三角成まで)

 

明らかに研究し尽くされた順で、30手にも満たない状況で既に見た目以上の差がついていると感じました。

 

(図7以下の指し手)

△3三金▲2五角△2三馬▲4三角成△2二飛▲5四馬(図9)

f:id:shogi98:20171228102619j:image

(図9は▲5四馬まで)

 

▲8二角の筋があるので、角を成らせて馬を守る順を選びました。

しかし、図の局面では歩損が残り、馬の働きも玉形も大差。何一つ勝っている点が無く、以下粘りましたが一切良い所無く負け。

実力を出すことさえも許されぬまま、序盤の無知が祟って負けるのは 衝撃でした。

感想戦でSさんは「大学で皆で研究していた形だった」と仰っていました。強豪校の組織力や意識の違い、全てを見せつけられた完敗譜です。

まだ自分で精査はしておりませんが、どうやら△1四角を打っては後手面白くないとのことです。

しかし、これが打てないとなると後手は△5四歩と突いたタイミングでの▲2五歩からの開戦に永遠に苦しむことになるか、廃れてしまうと考えます。

今後、研究する必要性がありそうです。