'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人による共同ブログです

対早石田4手目△4二玉 乱戦の一変化(Ray)

高二の頃、よく早石田を指していました。

理由としては、▲7六歩△3四歩▲7五歩に対し△4二玉や△5四歩で「▲7八飛と回ると△8八角成▲同銀△4五角があるため先手は▲6六歩か▲6八飛とせねばならない」という定跡書の通説に真っ向から立ち向かって、無理やり▲7八飛と回る乱戦の変化ばかり研究していたため。

定跡書では触れられていない変化に嵌り手順や意外な工夫が鉱脈のように見つかって、ソフトに頼ることなく自分の手で掘り下げるのが楽しくて仕方ありませんでした。

 

今回はその中から4手目△4二玉に対し▲7八飛と回る乱戦の変化をひとつ紹介したいと思います。分岐は端折って、双方の工夫が凝らされた手順をピックアップして載せたいと思います。「そんな手もあるのか」程度に眺めて楽しんで頂けたら嬉しいです。

 

〜〜〜〜〜

 

(初手からの指し手)

▲7六歩△3四歩▲7五歩△4二玉▲7八飛(図1)△8八角成▲同銀△4五角▲5八玉△2七角成▲7四歩△同歩▲5五角(図2)

f:id:shogi98:20180110214000j:image

(図1は▲7八飛まで)

 f:id:shogi98:20180110214011j:image

(図2は▲5五角まで)

 

△4二玉に▲7八飛と回ると、ほぼ一直線でこの局面まで進みます。先手は2七に後手の角を成らせて、▲7四歩~▲5五角で反撃を見せる。

従来掘り下げられていた変化では、ここで△3三桂▲7四飛△9二飛▲3四飛△3二金▲3六歩(図3)といったような変化が調べられていました。

f:id:shogi98:20180110214653j:image

(図3は▲3六歩まで)

 

図3以下、先手は▲7七角~▲5九角~▲2八歩として馬を捕獲したり、△2六馬には▲3五飛として後に馬と飛車の交換を強要したり…といった感じで指します。

これも難しい勝負だと思うのですが、今回は△3三桂とは異なる手を後手が選択した際の変化を見て行きます。

 

(図2以下の指し手)

△3二玉▲1一角成△2二銀▲1二馬△7二飛(図4)

f:id:shogi98:20180110220004j:image

(図4は△7二飛まで)

 

なんと香を取らせて角を成らせます。

△7二飛の局面ではまだはっきりとしていませんが、後手の狙いは△5四馬~△4四馬~△1一銀で先手の馬を捕獲すること。

△7二飛で動きを封じられた先手はゆっくりしていると馬を取られるため、動くしかありません。

 

(図4以下の指し手)

▲1六歩△5四馬▲1五歩△4四馬▲1四歩△同歩▲5九玉(図5)

f:id:shogi98:20180110220208j:image

(図5は▲5九玉まで)

先手は端から動きます。将来の△1一銀には▲1四香として見返りを求めようという構想です。

最終手▲5九玉は▲2八飛~▲2七香のような反撃を可能にした手。ここから右辺での戦いが本格化します。

 

(図5以下の指し手)

△2四歩▲2八飛△3一金▲7七銀△2三銀▲1四香△2二金(図6)▲1九香△1四銀▲同香△1三歩▲1一馬△1四歩(図7)

f:id:shogi98:20180110220802j:image

(図6は△2二金まで)

f:id:shogi98:20180110220829j:image

(図7は△1四歩まで)

 

先手が▲2八飛~▲2七香を狙うとなれば、後手は2筋が薄くなる△1一銀の捕獲ではなく、△2四歩~△2三銀の捕獲を狙います。

△3一金は▲2四飛に△8八馬を可能にして先手の動きを牽制する一手。

▲1四香に△同銀は▲2四飛と走られてしまうので後手は△2二金。進んで迎えた図7では、先手は銀香交換の駒得を、後手は馬の働きの差と持ち歩の枚数を主張する格好。

 

実戦的にまだまだこれからの将棋だと思いますが、個人的には手が広そうな後手を持って指してみたいと考えています。

 

以上、駆け足でしたが今回はここまでにしたいと思います。ありがとうございました