'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期5人による共同ブログです

先手番箱入り娘急戦 対三間飛車 §3後手角交換(36手目△45歩)型②(お酢)

押忍!お酢です!ブログは毎日更新するもの、当然でしょう?(中途半端なままで更新を空けるのは気持ち悪いのです)

§3後手角交換(36手目△45歩)型②

2図を再掲します。

f:id:shogi98:20180312165013j:image

(再掲2図▲88同銀まで)

ここで前回は△44歩を見ていきました。今回調べていくのは△42飛車です。これも桂馬を狙う手で自然な活用です。頻出なので深く掘っていきましょう。

  2図以下△42飛▲24飛△45銀▲21飛成△46銀▲同歩まで(4図)

f:id:shogi98:20180312193049j:image

(4図▲46同歩まで)

当然の▲24飛に△22歩は▲31角△43飛▲22角成が厳しいです。よって斬り合いになりますが、ここで先手は銀を46で取らせるのがポイントです。45で取らせると▲55桂の筋が消えるので損をします。さて、4図まで来て後手は分岐します

  4図以下△41歩▲55桂△46飛車▲63桂成△同銀▲57銀(5図)

f:id:shogi98:20180312194342j:image

(5図▲57銀まで)

まず△41歩ですが、これにはやはり▲55桂と打ちます。対して△62金引には▲43銀、△53金には▲31角がそれぞれ厳しいので△46飛車と走ります。金を取った後ですが後手からの△56桂などの筋を防いで▲57銀と飛車を叱りつける一番勝ちやすいと思います。前に「龍に対しては受けを惜しまない」と書きましたがこういう感覚になります。▲57銀に対して▲27角などの筋もあり後手は逃げ方が悩ましいです。

  5図以下△47飛車成▲48歩△42龍▲11龍△65桂▲58歩△57桂成▲同歩まで先手良し(結果3図)

f:id:shogi98:20180312200207j:image

(結果3図▲57同歩まで)

△47飛成に対して▲48歩と先手で硬くしていきます。△42龍で△45龍とするのは▲18角が厳しく先手優勢。本手順、△65桂に対して▲66銀だと△56桂でおかしくなります。▲58歩がポイントの手堅い順です。結果3図は後手がまとめるのが困難で先手良しでしょう。次に4図から単に△46飛を見ていきます。

  4図以下△46飛▲52銀△同金▲71角△92玉▲95歩(6図)

f:id:shogi98:20180312202211j:image

(6図▲15歩まで)

△46飛に▲55桂は△62金と引き、▲63銀に△41歩と粘られると意外と難解です。△46飛にはいきなり▲52銀!が煌めく一閃になります。以下は図まで一本道で6図からですが、△同歩や△49飛成は流石に論外なので、受けの手として△82銀を調べていきます。ちなみに6図から△41歩は後に△82銀と合流するので省略します。

  6図以下△82銀▲94歩△41歩▲93歩成△同桂▲94歩△81玉(7図)

 

f:id:shogi98:20180312230416j:image

(7図△81玉まで)

△41歩に代えて△96歩は▲11龍くらいで得になっていません。よって△41歩ですが▲93歩成がさわやかな好手です。△同銀は普通にダメなので後手の対応は仕方ないですが▲94歩が厳しそうです。対して△81桂はお代わりが利くので無意味ですし、△71銀は▲93歩成〜▲92歩で寄りです。しかし後手も△81玉とするのが粘り強い一手です。

  7図以下▲93歩成△71玉▲82と△同玉▲91香成△同玉▲75桂△62金▲53歩まで先手ペース(結果4図)

f:id:shogi98:20180312231819j:image

(結果4図▲53歩まで)

先手は手が広いのですが後手は変化が少なく、先手が望めば結果図まではこう進むところでしょう。結果4図は▲53歩が鋭く、どう応じても味が悪いところです。先手は相手次第で▲22龍や▲54歩のタタキ、▲63銀の放り込みや93に打ち込む手など攻め手が豊富で先手が良さそうです。ただし評価値的には離れていないので油断はできない局面といえそうです。

  以上、後手角交換型(36手目△45歩型)を見ていきました。この形は先手が良くなりやすい割には頻出の変化なので、次回は補足としてこの形の珍しい手にも触れつつまとめも入れて対三間後手角交換(36手目△45歩)型を終わります。

 p.s.モチベがあるうちに箱入り娘の研究でブログを埋め尽くしてやります