'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期5人による共同ブログです

先手番箱入り娘急戦 対三間飛車§4 後手角交換(36手目△45歩)型③

押忍!お酢です。もうすぐひと段落なので早速続き行きましょうかね。

  §4後手角交換(36手目△45歩)型③〜補足とまとめ〜

この形での主要な変化基本的には書き尽くしたつもりですが、もう一度2図に戻ってひねった手に対する対処法を覚えておきましょう。

f:id:shogi98:20180313180909j:image

(再掲2図▲88同銀まで)

  2図以下△45銀▲同銀△42飛▲46銀△33桂▲56銀まで先手良し(結果5図)

f:id:shogi98:20180313225114j:image

(結果5図▲56銀まで)

45の桂馬を食いちぎる指し方に対しては手厚く銀を打っておいて相手の攻めを消しにいくのが無難です。△33桂と使っても▲56銀で問題ありません。結果5図は▲24飛や▲34歩の楽しみがあり、後手は忙しい局面ですが、速い攻めは難しいです。先手が駒得して玉もまあまあ硬いので悪い道理がないでしょう。

   2図以下△36角▲24飛△22歩▲41角△62飛▲63角成△同飛▲53金△47角成▲54金△23飛▲同飛△同歩▲53桂成まで先手優勢(結果6図)

f:id:shogi98:20180314070725j:image

(結果6図▲53桂成まで)

△36角として45と47を狙うのはやはり▲24飛〜▲41角が厳しいです。結果6図は2図から△44歩とした時より先手が好条件といえそうです。

  以上、こんなところでひねった手の対処法を終わります。さて今まで調べてきましたがこのような後手から角交換する2図の形はどの変化も先手がやれることが分かりました。一応まとめとして分かりやすく(?)おさらいしていきましょう。2図から

・△44歩は▲41角の筋で先手良し

・△42飛には飛車を成って、

      ①向こうも飛車を走れば▲52銀から相手陣をバラバラに

      ②△41歩と受けてくれば▲55桂から手堅く指す

・変な手にも落ち着いて対応

これらができればいずれも大丈夫です。

さて、次回は▲35歩に対して△45歩ではなく堂々と△同歩としていく変化(36手目△同歩型)を見ていきます。これも頻出でかつ分岐が多いので注意して調べる必要があります。それではまた会いましょう。

 

 p.s. きゅうりに含まれるアスコルビナーゼはビタミンCを壊してしまう性質を持っていますが、酸に弱い性質があるのでお酢と一緒に摂取すると(すのものなど)アスコルビナーゼの作用が弱まりビタミンCの破壊を抑えることができます。