'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期5人による共同ブログです

君も1割勝てる!あきこ攻略法前編(お酢)

押忍!お酢です。

  諸事情で研究の記事が書きにくいので(前記事追記参照)休憩がてらに私がローソンのLINEの対あきこ激闘の成果として得た攻略法を綴っていこうかと思います。これを読めば誰でも1割くらいは勝てるようになる...かもしれません。

  さて、対あきこの戦法ですが、R2500以上あるよ!という方は自力で普通に頑張って下さい。教えることは何もありません。むしろ教えて下さい。

  それ以下の方は普通の将棋で普通に勝つのはよほど研究で優位を築かない限り不可能に近いと思います。諦めましょう。となるとやはり勝つための方法は一つ、そう、「ハメ手」です。

 ではどういうハメ方がいいのか?という点ですがやっぱり定番の角を打たせるのが一番効率がいいと思います。角打たせといっても定番の28角打たせ、角換わり77金型で58角打たせ、48角打たせなんかもありますが、今回僕が目をつけた、一番勝率が高いと思われる形は振り穴△58角打たせです。

f:id:shogi98:20180314230625j:image

この形の優秀な点を挙げれば

・誘導率が高い

・自玉が硬くて逆転しにくい(ただし端の対処法は心得ておくべき)

・角がほぼ丸得

・形が乱されにくい

・スムーズに逆棒銀が可能

というところでしょうか。こちらは自分も角を手放す必要がありますが、それでも有名な28角以上に効果が高いと思います。

 とはいえいくら優秀な形でハメても勝つのは容易ではありません。そこで初手から勝つまでのステップというものをちょっと可視化してみます。

  ①先の図の形に嵌める(相手が角交換しない、ハメれないところに角を打つ、自分が隙を見せてしまうなどがあればそこでアウト) 

  ②ハメ手を決めて一旦収めて具体的に良くする(微妙な得になったり、暴れられて収めれないとアウト)

  ③良くなった局面から勝ち切る(逆転されたら当然アウト)

と、これだけのステップを踏む必要があります。これらのステップを全てくぐり抜けるのは簡単ではなく、油断しているとこうなります。

f:id:shogi98:20180314232235j:image

そのため、こうならないようにこの記事では勝つための方針を示していきます。長くなりそうなので続きは次回で!

 p.s.あきこ→あきカン→ミツカン→お酢よってあきこ=お酢