'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人による共同ブログです

序盤アイデア:一手損角換わり編(やきとり)

   今回は一手損角換わりについて、一手損角換わりの天敵である早繰り銀と互角に戦える手順を新しく見つけたので、ここに書き記しておきます。

 

   初手より▲7六歩△3四歩▲2六歩△8八角成(途中図1)▲同銀△2二銀▲3八銀△6二銀▲3六歩△4二玉▲2五歩△3三銀▲3七銀△4四歩(途中図2)

f:id:shogi98:20171221034633j:image

(途中図1)

f:id:shogi98:20171221035403j:image

(途中図2)

   途中図1を見れば分かる通り4手目△8八角成型の一手損角換わりです。これにより△3二金や△8四歩を保留しています。細かいところですが、早繰り銀が非常に優秀なため一手も気を抜けません。

 

   途中図2以下、▲1六歩△5一銀▲4六銀△5二銀(結果図)

f:id:shogi98:20171221040646j:image

   手順中の△5一銀が主眼の一手。電王戦の佐藤天彦-PONANZA戦から着想を得ました。また、佐々木勇気阿部健治郎戦では相腰掛け銀になりましたが、先手が早繰り銀を選べばこのような形になっていたのではないかと思います。

   意味としては、△3五歩に△4三銀で受ける形を作りたいのですが、△6四歩〜△6三銀〜△5四銀〜△4三銀より△5一銀〜△5二銀〜△4三銀の方が一手早いということです。また△6四歩を突かないことで△6四角と打つ筋が残ります。

   結果図の先手陣が早繰り銀の一番早い攻めの形なので、これをクリアできれば早繰り銀は一応受かります。実際、結果図以下▲3五歩には△4三銀▲3四歩△同銀右で攻め切れません。

 

f:id:shogi98:20171221050012j:image

(再掲途中図2)

    話が前後しますが、途中図2の△4四歩に代えて△5一銀だと▲3五歩〜▲4五角があり、△3二金だと△4三銀が間に合わなくなります。タイミング的に若干違和感のある手ですが、△4四歩としてから△5一銀が手堅い駒組みです。


   また、途中図2から▲1六歩△5一銀▲2六銀と変化された場合、以下△5二銀▲1五銀△2二銀で受かります。

f:id:shogi98:20171221054650j:image

   上図で▲2四歩△同歩▲同銀は△5五角があるため▲7七銀としますが、そこで△3二金が間に合う仕組みです。

 

   以上のように△3二金や△8四歩を保留し、△4四歩〜△5一銀〜△5二銀〜△4三銀とすることで早繰り銀を受けることが出来ます。もし▲1六歩に△1四歩と返したり、△3二金を入れてから角交換したりすると△4三銀が間に合わず面倒なことになります。序盤の安定化を図る意味でも早く△4三銀型を作った方が良いでしょう。

 

   後は方針を示して終わります。

〈結果図からの進行例〉

f:id:shogi98:20171221054317j:image

(再掲結果図)

   結果図以下、▲7七銀△4三銀▲6八玉△1四歩▲7八玉△3二玉▲6八金△5二金右

f:id:shogi98:20171221052431j:image

上図以下

・▲3五歩には△4二金上▲3四歩△同銀右▲3六歩△8四歩▲2六飛△8五歩▲3五銀△4三金右▲3四銀△同銀▲3五銀△3三銀……以下千日手

・▲5六角なら△5四歩▲3五歩△同歩▲同銀△3四歩▲2四歩△同歩▲同銀△同銀▲同飛△2三歩▲2八飛△5五歩▲6五角△6四歩……

といった感じで互角です。先手は攻めてはいますが、攻め駒を責められる展開になりやすく楽観出来ません。後手を持っても面白いと思います。