'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人が共同ブログを始めたようです

角換わり▲4五桂速攻 対△2二銀 (やきとり)

 

今回は角換わり▲4五桂速攻の研究を述べていく。▲4五桂速攻と一口に言っても、彼我の陣形差によって多くの組み合わせがある。仕掛けはある程度パターンが決まっているとは言え、少しの形の違いで成否が全く変わってしまう。したがって本ブログでは、主な仕掛けとその対応のパターンをいくつか紹介し、どういう形になれば成功(失敗)するのかと言った応用の利くものを紹介していく。

 

f:id:shogi98:20170629014411p:image

(基本図)

 

上の局面を基本図とする。基本図までに手損をしていないのなら、大体このようになるはずだ。もっと前の局面から仕掛けていく指し方もあるのだが、金銀が低い位置にいるため完全に攻めに使えなくなってしまう。

 

後手の陣形が中途半端なこの瞬間が仕掛け時だ。単に▲4五桂と▲3五歩△同歩▲4五桂がある。後者の方が攻め筋が多いため、今回はこちらを採用する。▲4五桂速攻で一番まずいのは△2二銀と引かれて手がないことだが、▲3五歩と突き捨ててておけば手が続くことが多い。

 

基本図より
▲3五歩△同歩▲4五桂(第1図)

 

f:id:shogi98:20170629014638p:image

 (第1図)


ここで後手の対応は
1.△2二銀
2.△3四銀
3.△4四銀
の3通りある。

 

今回は1.△2二銀について見ていく。

 

1.△2二銀
△2二銀以下、▲6六角として第2図。

 

f:id:shogi98:20170629014744p:image

(第2図)
△2二銀には▲6六角が覚えておきたい手で△4四歩を牽制している。この角は見るからに窮屈そうだが、△6五歩には▲5五角がありすぐには死なない。

 

▲6六角には
1.△4四角
2.△6二金
3.△5二金
4.△3三桂
が考えられる。

 

 

1-1 △4四角
△4四角(第3図)以下、

f:id:shogi98:20170629014824p:image

(第3図)
▲2四歩△同歩▲同飛△6六角▲同銀
として結果図(1-1)

f:id:shogi98:20170629015347p:image

(結果図1-1)


角には角ということで△4四角は自然に見える。しかし当然の▲2四歩△同歩▲同飛に、△2三歩などでは▲4四飛△同歩▲4四角で手が続く形なので△6六角とするが、そこで▲6六同銀がポイント。手順に銀を繰り出して戦力を増やしていき、結果図は先手不満なし。

 

以下△2三歩には▲3四飛で、
・▲5五銀
・▲3二飛成△同玉▲5三桂成
・▲7五歩△同歩▲7四歩△同銀▲6四飛


などがあり手に困らない。特に飛車が四段目にいる形での▲7五歩△同歩▲7四歩は頻出する攻め筋だ。


また△2三歩に代えて△2三銀には一旦飛車を引いておく。▲2四歩を防いで△2四歩だが、▲7五歩で攻めが続く。△同歩なら▲7四歩△同銀▲5五角なので△6二金として5三と7三を同時に防ぐが、さらに▲3四歩が厳しい。△同銀なら▲2四飛から銀を取り、▲7一銀〜▲6二銀成△同飛▲7一角がある。▲3四歩を放置して△8一飛なら▲3三角からガンガン攻めていける。

 △2四歩の代わりに△2二歩もあり、▲1六角△1二角▲3七銀と進む。▲3七銀の呼吸を掴んでおきたい。以下△4四歩には▲2六銀△4五歩▲3五銀で、△同銀なら▲6一角成がある。他にも▲1五角や▲5五角と言った手もあり、どれも有力だ。

 

1-2.△6二金
△6二金(第3図)以下、

f:id:shogi98:20170629015541p:image

(第3図)
▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛△8一飛▲7五歩
として結果図1-2。

f:id:shogi98:20170629015635p:image

(結果図1-2)


後手が先手の攻めを切らす方針ならこう進むところ。途中で変化して攻め合いに持ち込んできても、それは望むところだ。
結果図は非常に難しい局面だ。以下△3三桂とし、▲同桂成なら△同銀と飛車に当てつつ桂馬を取り除く狙いだが、▲7四歩と取り込み△6五桂に▲3五飛△4五桂▲同歩△3三歩(参考図)でどうか。

f:id:shogi98:20170629021318p:image

(参考図)

以下は▲4四歩と突いていくのだが、一気に攻めきれるわけではないので、相手に攻めさせて手駒を増やす、自陣の駒を攻めに活用するといった指し方が必要になってくる。これは細い攻めを繋げるときに必須の考え方だ。なお、どこかで△7七桂成とする手は先手の攻め駒が増えると考えれば良い。


ちなみに△3三歩に代えて△5六桂も見えるが、▲7九玉△3四歩▲5九銀△3五歩▲3四桂と進めばまだまだ難しい局面が続く。

 

 

1-3.△5二金
△5二金(第4図)以下、

f:id:shogi98:20170629015730p:image

(第4図)
▲2四歩△同歩▲同飛
として途中図。

f:id:shogi98:20170629015800p:image

(途中図)


ここで△2三歩▲3四飛の進行は、1-2の△6二金型に比べて桂馬に紐がついていないため▲7五歩がより厳しくなる。したがって手を変えて途中図以下、
△2三銀▲1一角成△2四銀▲2一馬
と進み結果図1-3

f:id:shogi98:20170629015835p:image

(結果図1-3)


△2三銀に▲同飛成△同金▲1一角成では、△8一飛とされ桂馬が取れなくなる。▲2三同飛成の順に比べ駒損してはいるが、この場合は攻めが続く形を優先すべきだ。結果図1-3は、3四地点にキズがあり小駒による攻めが厳しい。▲3五歩△同歩▲4五桂の仕掛けは3四地点に駒を打ち込めるようにする意味もあり、ここに駒を打つ手は常に意識しておきたい。

 

 

1-4.△3三桂
△3三桂(第5図)以下、

f:id:shogi98:20170629015925p:image

(第5図)

▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3三桂成△同銀▲2九飛
と進み結果図1-4

f:id:shogi98:20170629015957p:image

(結果図1-4)


△3三桂は少数派かもしれないが、応用の利く手なので紹介しておく。桂馬を持ち駒に加えて戦おうという積極的な手だ。▲2四歩に代えて単に▲3三桂成では、以下△同銀▲4五桂△4四桂▲3三桂成△同金で、▲4五歩には△5六桂がある。やはりすぐには取らず、飛車先の歩を交換していくのが筋だろう。結果図以下は手が広く、
・△3八角には▲2六飛△3四桂▲2八飛△6五角成▲4五桂
・△5四桂には▲3四歩△4四銀▲同角△同歩▲4七銀△3七角▲3三銀
・△5四銀には▲4七銀
などの進行が考えられる。

 

 

以上が▲3五歩△同歩▲4五桂の仕掛けに対する△2二銀についての研究だ。ポイントは以下の通り。
・▲6六角で△4四歩を防ぎつつ、ライン攻めを狙う。※角がすぐに死なないように注意
・銀や桂で角が追われた場合、▲3四歩などを利かせつつギリギリまで逃げ、取らせる代わりに駒を進める。
・攻めが続く形を見極める。

例:▲3四歩や▲4五桂を拠点に駒を打ち込める、角のラインが受けづらい、竜ができ暴れられる、と金が急所に出来る

・攻め切れないと見たら相手の受け間違いに期待して無理攻めするのではなく、自陣の駒を活用したり、相手に攻めさせて手駒を増やすことを意識する。

 

まだまだ攻め筋はたくさんあるので、各自でソフトを使ったりbotや高段の将棋を観てみると勉強になる。

 

 

将棋ウォーズではbotがこの戦法を使い段位者を短手数で投了に追い込む棋譜が多いため、簡単に勝てる戦法と思われがちだが、実際は針の穴を通すような高度な攻めの技術が必要だ。本ブログで紹介した手も、攻めの見通しが立ったというだけで局面自体は互角なことが多いので、そこから先は本人の棋力次第となる。仕掛けがパターン化されている面もあるため、慣れればドル箱戦法になる可能性もある。そうでなくとも、攻めを繋ぐ感覚を養う戦法として良いかもしれない。

 

次回は2.△3四銀と3.△4四銀を見ていく。

 

 

追記

これを書き終えた後、将棋ウォーズで一局指したら第3図と全く同じ局面になってニヤニヤが止まりませんでした(笑) ちなみにその対局は第3図以下▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲4四飛と進んで64手で圧勝しました👍