'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人による共同ブログです

対ツノ銀雁木 早繰り銀(やきとり)

 

今回は対雁木の早繰り銀を見ていく。

 

雁木と言えば最近密かに流行り始めている戦型である。筆者は雁木にはこう指すという形を一応考えてはいたが、少し気になる筋があり課題となっていた。それが先日、ある棋書を読んでいたところ解決するアイデアが閃いたため、急遽予定を変更することとなった。横歩取りの記事もいつか投稿するのでご容赦願いたい。

 

 

 

初手から基本図まで
▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲6八玉△4二銀▲4八銀△4三銀▲2五歩△3二金▲3六歩△8四歩▲7八銀△8五歩▲7七銀△6二銀▲7八玉△6四歩▲5六歩△6三銀▲5八金△7四歩▲7九角△4一玉(途中図)▲2四歩△同歩▲同角△2三歩▲6八角△5二金▲3七銀△5二金(基本図)

f:id:shogi98:20170713001216p:image

(途中図)

f:id:shogi98:20170713001226p:image

(基本図)

 

途中図から飛車先の歩を角で交換するのがポイントだ。手順に▲6八角型を作り、△6五桂▲××銀の局面での△8六歩を防ぐ。

 

以上の手順を踏まえて対ツノ銀雁木早繰り銀の基本図に至る。先手の陣形は玉をできるだけコンパクトに固めた上での速攻を狙いにしている。その際▲6八角型を作るのが本ブログ推奨の形だ。これを見つけるまでは▲7九角型で指していたのだが、早繰り銀が決まっても相手の玉頭攻めが厳しく勝ち切るまでが大変だった。

 

 

 

基本図からは
1.▲2六銀
2.▲3五歩
を見ていく。

 

 

1.▲2六銀(第1図)以下、

f:id:shogi98:20170713001551p:image

(第1図)
△4五歩…角道を開ける
▲1五銀
△7五歩…味をつけておく
▲同歩
△4四角…受けの形。
▲3七桂…▲2四歩は攻め切れない
△1四歩…強く催促する
▲2四歩…当然の踏み込み
△同歩
▲同銀
△8六歩(結果図1)

f:id:shogi98:20170713001621p:image

(結果図1)

 

▲2六銀は小細工無しの速攻だ。シンプル故に、これで雁木が潰れるのなら話が早い。

 

△1四歩が大胆な一手で、▲2四歩から歩を交換させて、一歩手持ちにした後△8六歩と反撃する狙い。

 

結果図1は△8六歩以下の継ぎ歩攻めが厳しく後手優勢だ。

 

以下▲同歩△8五歩▲2三銀成△8六歩▲8八歩△2三金▲同飛成(参考図)の局面は△8七銀から先手玉が詰む。

 

f:id:shogi98:20170713005855p:image
(参考図)

 

この詰みは▲6八角型の弱点をモロに突かれた形だ。壁形故に△8六歩▲同歩△8五歩〜△8六歩▲8八歩の展開が非常に厳しい。


また、参考図の局面で△2二歩と打たれると竜を引くしかないことに注目したい。△4四角が攻めにも受けにも利いている。

 

以上から、△4四角と△8六歩からの継ぎ歩攻めを警戒しながら攻めなければいけないことが分かる。

 


2.▲3五歩(第2図)以下、

f:id:shogi98:20170713005323p:image

(第2図)
△同歩…△4五歩には▲3六銀が攻めの好形となる
▲4六銀
△4五歩…△3六歩には構わず▲3五銀と出られて困る(補足あり)。
▲2四歩…細かいところだが、これ以降の▲2四歩は手抜かれる可能性がある
△同歩
▲3五銀
△7五歩…ここから反発するのが自然
▲2三歩…より厳しく攻める
△同金…角のライン攻めが生命線なので、角を逃げたり責められる展開にはしたくない
▲2四銀(結果図2)

f:id:shogi98:20170713005338p:image

(結果図2)

 

後手が反発するなら△7五歩からが自然だ。桂馬を跳ねていく展開になるので、後の△7六歩や△7七歩を作るのが大きい。また角のライン攻めにもなっていて破壊力がある。

 

しかし、結果図2は先手の速攻が決まった形だ。手順中△4四角や△8六歩を指す暇を与えていない。

 

以下△7六歩▲6六銀△2四金▲同飛△3三銀▲2三飛成△2四歩▲2五歩(参考図)が一例となる。

f:id:shogi98:20170713005353p:image

(参考図)

 

飛車を取られる展開になるが、先手陣は飛車に強い陣形なため問題無い。▲6八角によって8筋の攻めを受けていることにも注目したいところだ。

 


✳︎補足


本譜△4五歩に代えて△3六歩も手筋の一着で考えられるところだ。しかし△3六歩以下、▲3五銀△3七歩成▲同桂△3六歩▲2五桂△3七歩成▲2六飛(参考図)

f:id:shogi98:20170713005411p:image

(参考図)


と進むと完全にお手伝いになってしまう。歩切れになるのも痛い。この手筋を使う際は、上の手順のように進めてどうかを読んでから指したい。

 

 

 

以上で対雁木早繰り銀の紹介を終える。この形は玉をコンパクトに固めたまま先攻出来るのがウリだ。ポイントは▲6八角型を作ることで、これによって相手からの玉頭攻めを緩和している。

 

 

 

追記

先日kindleで大規模セールがあり、数十冊の棋書を60%オフで購入しました。内訳は定跡外伝、B級戦法の達人、奇襲破り辞典……などなど。これだけ見ると定跡形を外して楽に勝とうという魂胆が見え隠れするようですが、違います。色んな手を知って、それを他の戦型に応用できないかというのが本心です。そうやって出来たのがこの記事で、▲6八角が閃いた時は1人興奮していました。今回のように、今後も急な思い付きで予定を変更することがあると思いますが、そこはお許しください(笑)