'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人による共同ブログです

横歩取り勇気流の基礎知識 (やきとり)

 

今回は横歩取り勇気流の基礎知識についてまとめていく。

 

横歩取り勇気流は佐々木勇気六段が得意としている形で、棋風通り攻めに適した作戦だ。タイトル戦で指されるなど注目度が高く、同時にこの戦型の優秀さを示している。また、類似形に青野流があり、その違いは玉の位置が5八から6八に変わっただけ。その違いを意識しながら読み進めほしい。

 

 

f:id:shogi98:20170706003110j:image

(基本図)


上図を基本図とする。
なお、基本図までの手順は省かせていただく。

 

基本図以下は、
1.△8八角成▲同銀△2七角
2.△7六飛
3.△8五飛
4.△2二銀▲3六歩△8二飛▲3七桂
が考えられる。

 

 

 

 

 

1.△8八角成▲同銀△2七角(第1図)以下、

f:id:shogi98:20170727202544p:plain


(第1図)
▲3八銀△4五角成▲2四飛△2二歩▲7七桂△5二玉▲8七銀△8二飛▲8六歩
と進み結果図1。

 

f:id:shogi98:20170727202617p:plain

(結果図1)

角交換から△2七角は初めに考えなければならいけない勇気流特有の筋だ。青野流なら4九の金には玉の紐がついているためこの筋はない。

△2二歩に代えて△2三歩が自然に見えるが、以下▲2五飛△4四馬▲7七角で馬が消せ、手順に桂馬も跳ねられるため文句なしに先手が良い。▲2五飛に△3四馬なら▲6五飛とし、▲6三飛成と▲7七角の両狙いが受けられない。

結果図1まで進むと馬を作らせた代わりに先手だけ何手も指したような形になっており、作戦勝ちと言える。

ちなみに、▲7七桂に△7六飛なら、以下▲8七銀△7五飛▲6六角△7四歩▲7五角△同歩▲8三飛△8二歩▲8五飛成と竜を作っておいて先手が良い。途中どこかで△7四飛とぶつける手は、▲同飛△同歩に▲8五飛の両取りがある。


2.△7六飛(第2図)以下、

f:id:shogi98:20170706003209p:image

(第2図)

▲3六歩△5二玉▲3七桂△7五飛▲3八銀△2七歩▲2九歩
として結果図2

 f:id:shogi98:20170706003234p:image

(結果図2)


△7六飛は青野流に対しては有効な手で、もし先手玉が5八にいたら△7六飛が△8八角成を見ているので、先手に受けを強要させることが出来る。


しかし勇気流なら玉が6八にいるため、△7六飛に▲3六歩と指せる。以下△5二玉▲3七桂に△7五飛として桂跳ねを牽制し、▲3八銀には△2七歩▲2九歩として謝らせるも、結果図2は先手有望な序盤だ。


▲8四飛や▲3五飛、飛車がずれたら桂馬を跳ねられるなど、先手に手段が多い。

 

(ちなみに勇気流が指され始めるようになったのは、青野流だと△7六飛に▲7七桂や▲7七角と指すことになり、そのどちらも先手が芳しくないから、という背景がある。)

 

 

 

 

3.△8五飛(第3図)以下、

 f:id:shogi98:20170706003136p:image

(第3図)
▲3六歩△8六歩▲3三角成△同桂▲7七桂△8二飛▲8八銀
として結果図3

f:id:shogi98:20170727200137j:image

(結果図3)


△8五飛は△8六歩や△2五飛の狙いがある。対して先手は▲3六歩。ここで△2五飛が気になるところだが、▲2八歩で一局だ。

 

▲3六歩に△8六歩は積極的に良くしようとする手だが、▲3三角成〜▲7七桂が好手順となる。▲3三角成に△同金なら▲3五飛とする。以下△同飛▲同歩なら、後手の3三金の位置が悪く後の▲3四歩や▲4五桂が金に当たってしまう。△同飛に代えて△8二飛でも、▲3七桂〜▲4五桂を狙って指せば良い。

 

結果図3は手順に桂馬を跳ねられて先手良し。最終手▲8八銀では、代えて▲8三歩のような手もありそうだ。

 

 

 

 

4.△2二銀▲3六歩△8二飛▲3七桂(第4図)

 f:id:shogi98:20170706003447p:image

(第4図)
には
1.△8八角成▲同銀△3三銀
2.△4二玉
がある。

 

4-1.△8八角成▲同銀△3三銀(第5図)以下、

f:id:shogi98:20170706003524p:image

(第5図)
▲8三歩△同飛▲8四歩△8二飛▲3五飛△8四飛▲6六角△8二飛▲4五桂
と進み結果図4-1

f:id:shogi98:20170706003545p:image

(結果図4-1)


第4図からは△4二玉が本筋だが、こちらは非常に勇気流らしい展開になるので紹介しておく。

 

△3三銀に▲8三歩〜▲8四歩〜▲3五飛が上手い手で、結果図4-1まで進めば飛車・角・桂馬が目一杯働いていて気持ちが良い。

 

結果図4-1以下は一例として、
△4四銀▲同角△同歩▲8三歩△7二飛▲3二飛成△同飛▲4三金△5二飛(参考図)

 f:id:shogi98:20170706005420p:image

(参考図)


が考えられる。このように積極的に攻めていけるのが勇気流の特徴だ。

 

 

 

4-2.△4二玉(第6図)以下、

f:id:shogi98:20170706003651p:image

(第6図)
▲3八銀△2三銀▲3五飛△2四銀▲6五飛△8八角成▲同銀△6四歩▲6六飛△5五角▲7五角△3三銀▲7七桂
として結果図4-2

f:id:shogi98:20170706003658p:image

(結果図4-2)

 

△2二銀〜△8二飛〜△4二玉は徹底的に先手の攻めを抑える構えだ。これが打開出来なければ自然と苦しくなってしまう。

 

上の手順を1手1手詳しく見ていく。

 

▲3八銀は指しておきたい手で、▲3八銀▲4九金の形は好形と知られている。


▲3八銀に△8八角成〜△2八角なら、
以下▲8三歩△同飛▲8四歩△8二飛▲3五飛△1九角成▲8五飛(参考図)

f:id:shogi98:20170706003726p:image

(参考図)


で先手が互角以上に戦える。

 

したがって△2三銀として飛車をいじめにいく。

 

△2三銀に代えて△1四歩などとのんびりしていると、▲8四歩△2三銀▲3五飛△2四銀▲8五飛と飛車に逃げられてしまう。▲3五飛に△8四飛だと、飛車が流れ弾に当たりやすい位置に来たため▲4五桂から攻めていける。具体的には▲6六角や▲7五角が飛車取りの先手になることを利用する。

 

△2三銀▲3五飛には△2四銀として、簡単に2筋に飛車を帰らせない。


▲6五飛には、以下△8八角成▲同銀△6四歩と王手飛車含みに先手で▲6三飛成を受ける。


▲7五角にはすぐに飛車を取らず△3三銀が筋で、自陣を引き締めて戦いに備える。


そして▲7七桂と左桂を活用して結果図4-2に至る。


結果図4-2は両桂馬が跳ねられ、活用も見込める形で先手ペースだ。

 

 

以上が横歩取り勇気流の基礎知識となる。

・なぜ▲5八玉ではなく▲6八玉なのか

・△2七角の筋にはどう対応するのか

この2点がポイントだ。

 

 

次回は何について書くか未定です。