'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人が共同ブログを始めたようです

横歩取り勇気流対策〜△7四飛ぶつけ〜 (やきとり)

今回は横歩取り勇気流対策の△7四飛ぶつけを研究していく。

 

f:id:shogi98:20170802100016j:image

 (基本図)

 基本図までの手順は省く。

 

基本図以下、

△5二玉▲3六歩△7六飛▲3七桂△7四飛(第1図)

f:id:shogi98:20170802100228j:image

(第1図)

 

△7四飛とぶつける筋は、第30期竜王戦決勝トーナメント羽生三冠対村山七段で指された。後手が誘導できる可能性が高く、激しい展開になりやすいので事前研究がモノを言う将棋だ。

 

第1図からは

1.▲3五飛

2.▲3五歩

3.▲同飛

がある。

 

1-1.△7四飛に▲3五飛

▲3五飛以下、

△8八角成▲同銀△2六角(第1-1図)

f:id:shogi98:20170802103752j:image

 (第1-1図)

第1-1図以下、

▲4六角……△3五角▲同歩△3六歩を防ぐ

△3五角

▲同角

△2九飛……△1九飛成を見せて急がせる

▲8三角……▲2二歩には△3三桂、▲4五桂には△4四歩で後手良し

△4二銀……▲5三角成△同玉▲6一角成を防ぐ

▲8二歩

△同銀

▲7四角成

△同歩

▲4六角……▲8二歩△同銀を利かせておかないと、ここで△1九飛成とされる

△6四歩……▲同角なら△7三銀で後手良し

▲2八飛

△同飛成

▲同銀

△2七歩(1-1結果図)……どう応じても△2九飛で良い

f:id:shogi98:20170802104722j:image

(1-1結果図)

 

1-1結果図は後手良し。△2九飛を見て先手は暴れてくるが、冷静に対処すれば問題ない。途中の△6四歩は覚えておきたい手筋だ。

 

 

1-2.△7四飛に▲3五歩

▲3五歩以下、

△3六歩▲4五桂△8八角成▲同銀△3七歩成(第1-2図)

f:id:shogi98:20170802110117j:image

 (第1-2図)

 

第1-2図以下、

▲8三角……▲2七角があるため忙しい

△3四飛……▲4五桂成〜▲6一角成があった

▲同歩

△7二角……手堅く受ける

▲6五角成

△3八歩(1-2途中図)

f:id:shogi98:20170802111813j:image

(1-2途中図)

1-2途中図以下、

▲3三歩成△同桂▲同桂成△同金▲2一飛△4二銀▲1一飛成△3九歩成▲同金△6四歩(1-2結果

図)

 

f:id:shogi98:20170803162117p:image

(1-2結果図)

 

手順は長くなったがほとんど一本道である。途中の△7二角が参考にしたい受けだ。

 

1-2結果図は△6四歩がピッタリとした手で後手優勢。△7六桂があるため▲7五馬と逃げるくらいだが、利きが逸れたため△4七とと活用できる。

 

1-3.△7四飛に▲同飛

第1図以下、▲同飛△同歩として第1-3図

f:id:shogi98:20170803163506p:image

(第1-3図)

 

結論から言うと第1-3図では▲3八銀が最善となる。

・第1-3図以下、▲4五桂△8八角成▲同銀△2七角(参考図1)

f:id:shogi98:20170803164422j:image

(参考図1)

・第1-3図以下、▲3三角成△同桂▲2一飛△5五角(参考図2)

f:id:shogi98:20170803164533j:image

(参考図2)

・第1-3図以下、▲3三角成△同桂▲4六角△7三角▲2一飛△4六角▲同歩△4七角(参考図3)

f:id:shogi98:20170803164629j:image

(参考図3)

 

 上の例を見ると分かるように、▲3八銀は必要な一手だ。

 

実はここまでの内容は▲3八銀に至るまでの重要な変化をまとめたものになる。即ち、第1図以下▲7四同飛△同歩▲3八銀までが絶対手であるということだ。したがって▲3八銀の局面を改めて△7四ぶつけの基本図として、次回以降その後の展開を見ていく。

f:id:shogi98:20170803200013j:image

(基本図)