'98将棋ブログ

'98将棋ブログ

関東・中部・関西・中四の同期4人による共同ブログです

最速▲4五桂速攻(やきとり)

 今回は角換わり▲4五桂速攻について書きます。前に同じような記事を投稿しましたが、それとは違う形になります。

 

初手より

▲7六歩△8四歩▲2六歩△8五歩▲7七角△3四歩▲8八銀△7七角成▲同銀△2二銀▲4八銀△6二銀▲3六歩△3二金▲4六歩△4二玉▲2五歩△3三銀▲3七桂△6四歩(1図)

f:id:shogi98:20171207040308j:image

(1図)

 

 1図の先手陣が最速で▲4五桂を狙う駒組み。▲3八銀型では後々▲2四歩△同歩▲同飛とした時に△1五角の王手飛車があるため、それを防ぐ1手が必要です。対する後手陣は△4二玉△6二銀型で5三地点を厚くして▲4五桂に備えています。また△6四歩に代えて△7四歩では▲5五角がチラつきます。よって上図の後手陣は最速▲4五桂速攻の最強の敵と言えます。この形で先手が指せるなら後手が少し形を変えても成立するでしょう。ちなみに△6四歩に代えて△5二金なら完全に▲4五桂を防いでますが、先に形を決めさせて先手満足です。

 

まずは1図から▲4五桂。対する応手は△4四銀と△2二銀の2通り。

 

△4四銀から見ていきます。以下▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛(2図)

f:id:shogi98:20171207050428j:image

(2図)

 2図は既に受けが難しい局面です。なお、△2三歩に代えて△2二歩は利かされすぎなので除外します。

・△6三銀▲2二歩△3三桂▲2一歩成△4五桂▲3一角△5一玉▲4五歩△3三銀▲同飛成△同金▲5三角成

f:id:shogi98:20171207063920j:image

・△2五角▲1五角△3三桂▲同桂成△同金▲同飛成△同銀▲2六歩△3四角▲4五桂△2四銀▲同角△同歩▲3三金△5二玉▲3四金

(▲1五角に△3一玉なら、以下▲3二飛成△同玉▲2六歩として△3六角には▲4二金〜▲4三金、△3四角なら▲3五歩で先手良し。)

f:id:shogi98:20171207050739j:image

・△3三桂▲1五角△6三銀▲3三桂成△同銀▲同飛成△同金▲3四桂△3二玉▲3三角成△同玉▲2二銀△同飛▲同桂成△同玉▲4一飛

f:id:shogi98:20171207051139j:image

いずれも先手良しです。これらの筋は応用範囲が広いので覚えておくと良いです。特に▲1五角の筋は成立することを知っていないと指しづらい手なので、相手からすると盲点になりやすいです。

 

  次に△2二銀を見ていきます。

△2二銀以下▲2四歩は△同歩▲同飛△4四歩で後手受け切り。▲3五歩などで攻めは続きますが、桂損が大きくどう頑張ってもギリギリ後手玉に届かない展開です。なお△4四歩に代えて△2三銀は以下▲同飛成△同金▲2四歩△同金▲2二角で攻めが続くので注意が必要です。

f:id:shogi98:20171207052246j:image

▲2四歩に代えて▲5五角△4四角▲6四角△5二金も受け切られてしまいます。

f:id:shogi98:20171207052259j:image

 

 以上より1図で▲4五桂は△2二銀で攻め切れません。

 

 

 次に▲3五歩△同歩▲4五桂と仕掛けてみます。応手は△3四銀、△4四銀、△2二銀の3通りです。 

f:id:shogi98:20171207221543j:image

(再掲1図)

 

 まずは△3四銀から。

△3四銀以下、▲2四歩△同歩▲同飛△2三銀▲6四飛△6三歩▲2二歩△同金▲6六角△3二玉▲2四歩△6四歩▲2三歩成△同玉▲3四銀△同玉▲2二角成

f:id:shogi98:20171207054515j:image

△3四銀は△2二銀の壁銀を避けつつ△4四歩を見せた欲張りな受け方ですが成立しません。必死に攻めを切らそうとしても上記の手順で攻めが続きます。上図以下は△2九飛▲1一馬……と進みますが、後々△3八銀と打たれても▲3九X打の形が意外と耐久力があります。

 なお、▲2四飛に△2三金は▲同飛成△同銀として

f:id:shogi98:20171207055124j:image

▲2二角、▲2二歩、▲5六角など先手に手段が多いです。

 

以上より△3四銀には▲2四歩で先手良し。

 

 次は△4四銀。

△4四銀以下、▲2四歩〜△2三歩は▲3四飛△2五角の時に▲1五角が成立しない(▲1五角△4一玉▲3二飛成△同玉▲2六歩△3四角に▲3五歩がない)ので▲3四角と打ちます。なお、先に▲2四歩〜▲2九飛としてから▲3四角では△2四角などの選択肢を与えてしまいます。▲3四角には△4一角が形ですが、△4一角は出来れば打ちたくないので△5二金を考えてみます。

△5二金▲2四歩△同歩▲同飛△2二歩(途中図)

f:id:shogi98:20171207061749j:image

(途中図)

途中図以下、▲2三歩△3三銀▲2九飛△3四銀▲2二歩成△2三歩▲3二と△同玉▲2四歩

f:id:shogi98:20171207061920j:image

 上図は先手良し。△同歩▲同飛に△2三角しかなく、▲2五金で攻めが続く形です。△同歩と取れないとどう受けても▲2三歩成〜▲3三歩や▲3四歩で攻めが続きます。なお△5二金に代えて△7四歩や△1四歩でも同じ手順になりますが、△6三銀とすると同じように進めて最後に▲5三桂成がありはっきり先手優勢です。

また▲3四角に△3三桂も、▲2四歩〜△2二歩▲2三歩△4五桂▲同歩△3三銀▲2二歩成で先手優勢です。以下△同金なら▲同飛成△同銀▲4四歩△5二金▲5五桂で先手勝ちです。

f:id:shogi98:20171208212042j:image

ということで △4一角ですが、以下2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2九飛は互角の進行です。

f:id:shogi98:20171207063005j:image

 

 以上より△4四銀には▲3四角△4一角で互角。

 

最後に△2二銀です。

f:id:shogi98:20171207065109j:image

△2二銀以下、▲2四歩△同歩▲同飛と進み、△2三銀は▲6四飛から先手良しの手順に合流するので△2三歩か△6三銀を考えます。

(ちなみに▲2四歩に△4四歩は▲3四角が痛打になります。△6二銀型は△6一金が浮いているのがデメリットで、桂取りに△4四歩と伸ばした瞬間は▲3四角を注意しないといけません。)

 まずは△2三歩から。以下▲3四飛△5二金▲6六角△4四角▲同飛△同歩▲同角(3図)と進みます。

f:id:shogi98:20171207070514j:image

(3図)

手順中△5二金に代えて△6三銀は▲3二飛成△同玉▲5三桂成でハマります。また△5二金に代えて△3三桂なら▲1五角△4四角▲3三桂成△同角▲同飛成△同銀▲3四桂△5二玉▲2一角△3一飛▲3三角成△同金▲2二桂成△5一飛▲3四歩△同金▲3二角成で先手優勢。

f:id:shogi98:20171207070735j:image

 3図で△2九飛なら、以下▲6六角打△3一玉▲3四歩△4二金右▲2二角成△同金▲3三銀△1二金▲2二歩△3三桂▲同歩成で先手良し。

f:id:shogi98:20171207072327j:image

 3図で△2九飛に代えて△4三金右なら、以下▲2二角成△同金▲6一角と進み▲8三銀と▲3一銀の両狙いが受かりません。ただ形勢自体は難解で、▲6一角以下さらに進めて△2九飛▲8三銀△4七歩▲同銀△3七角▲6八玉△4九飛成▲5八銀△4八龍▲8二銀成で形勢不明です。

f:id:shogi98:20171207072843j:image

以下△5九金が厳しそうですが、▲6九玉△5八金▲同金△同竜▲6九金△同竜▲同玉△5一金で難解です。

手順中▲4九金を見捨てて▲6八玉と早逃げする筋は頻出で、△4九竜に▲5八銀または▲5九金(▲5九金は▲4八銀型の場合)で弾いて手を稼げます。

 

 また△2三歩に代えて△6三銀なら▲6六角として、以下△4四角は▲同飛△同歩▲同角△5二銀▲2三歩△同金▲2四歩△3三金▲同桂成△同銀▲同角成△同玉▲2三歩成△同玉▲8三金△6二飛▲4五角△3二玉▲8一角成で先手良し。

f:id:shogi98:20171207101052j:image

△4四角に代えて△2三歩なら、以下▲2二角成△同金▲3四飛△3二金▲2二歩△3三桂▲3一銀△5一玉▲3三桂成△3一金▲4三成桂で先手良し。

 f:id:shogi98:20171208185016j:image

 

以上より△2二銀には▲2四歩で先手良し。

 

〈まとめ〉

f:id:shogi98:20171207075209j:image

上図は最速の▲4五桂を狙う先手と、出来るだけ駒組みに含みを持たせつつ▲4五桂に手厚く構えた後手という構図。上図で▲4五桂は△2二銀で先手攻め切れないが、▲3五歩△同歩▲4五桂なら先手互角以上に指せる。

 

 

〈追記〉

 冒頭で1図の後手陣に対して仕掛けが成立するなら多少形を変えても成立すると言いましたが、実は結構シビアな面もあります。

 例えば1図で△6三銀(仮想図)が入ってると

f:id:shogi98:20171208190407j:image

(仮想図)

▲3五歩△同歩▲4五桂△2二銀▲2四歩〜△2三銀▲2九飛△2四歩の時に▲2二歩△同金▲5三桂成△同玉▲3一角の筋がないため(2二金には飛車の紐がついてる)仕掛けられません。

 これはつまり後手番では仕掛けが成立しないということですし、たとえ先手番でも△8四歩△6三銀型を作られると成立しないということになります(例えば初手から▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲7六歩△2二銀▲3三角成と進めばそうなる可能性がある)。

 では手が進めば進むほど仕掛けづらくなるのかというとそうではなく、

f:id:shogi98:20171208190846j:image

上図では▲3五歩△同歩▲4五桂△2二銀▲7五歩△同歩▲2四歩△同歩▲同飛△2三銀▲7四歩という筋があるため仕掛けが成立します。

 また、今回先手良しと結論付けた局面は実はソフト評価値的には全くの互角だったりします。これは展開的に先手が終始攻め続けられる点を評価したからです。

 このように最速▲4五桂速攻は何でもかんでも桂馬を跳ねて簡単に良くなるかというとそうでもなく、攻めが決まってからも難しいこともあり、仕掛ける側に深い知識と高い棋力が求められる戦法だと思います。